【世界一周】2年間の海外旅行で培ったお金の管理方法は3つ【クレジットカードも紹介】




こんにちは、過去に2年間で45カ国を巡ったゆうや(@sanktuali)です。

「世界一周とか長期の海外旅行では、どうやってお金管理したらいいんだろう?全て現金ってわけにはいかないよなぁ...。できれば損はしたくないように使いたいし。」

今回の記事では、こういった疑問に答えます。

2年間の世界一周で「これがお金の管理方法として一番だな」と結論付けた方法、お金の管理(節約)術を今回紹介しますよ!

ゆうや
合わせて、世界一周・長期海外旅行でおすすめのクレジットカードも紹介しますね!
海外で大金を現金で持ち歩くのは危険

結論ですが、前提として「クレジットカード」を持ちましょう!

世界一周などの長期海外だと、当然大金が必要になってきますが、それを全部現金で持つなんて無理があるし、リスクが高すぎます。

海外で怖いのは特に「盗難」です。

現金の場合は、盗まれたら100%返ってくることはないので、盗難=被害額になります。

しかし、カードでお金を管理するなら、もしカードを盗まれても、すぐさま停止して再発行することで被害を抑えることができ、そして不正利用されたとしてもカードの保険が適応され、利用された金額が請求されることはありません。被害額は実質0円で済みます。

また、「大金を持っている」と思うだけで結構神経をすり減らすことになります。精神的にしんどいので、極力、盗難に対して不安を取り除くことが大事かなと。

町歩きの時には財布には必要最低限のお金を

そのため、町歩きの時には、財布には必要最低限のお金だけ入れておくようにしましょう。

入国した時に、滞在中に必要な額を、ある程度まとめて用意すると思います。外出する時は、2日分程度の現金と、クレジットカード1枚のみ、くらいにしてあとは滞在先の宿のカバンに残しておきましょう。

現地でお金を管理して使う方法は3つ

その前提を踏まえた上で、旅中のお金の管理の仕方・使う方法を紹介します。次の3つの方法を使うのが、一番お金を無駄なく使うやり方だと思います。

方法①:ショッピングやレストランなどで払えるところは全てカード決済

まず、カードで決済できる時、航空券購入時などのネットショッピングでは当然ですが、旅先でのショッピング、レストランなどでも、クレジットカードで決済できる時はカードを利用しましょう!

この時注意するのが、支払い通貨を選べる時は、全て「現地通貨」で決済することです。

日本円やドルの通貨を選べる時がありますが、基本的に換算レートが恐ろしく悪いのでオススメしません。レートはその店舗が勝手に決めている時もありますが(その場合はかなりレートが悪いはず、、)カード会社が決めていることも多いです。

◆ただし、発展途上国でカード決済を利用する場合は、警戒が必要

発展途上国という括りがあいまいですが、まだまだ貧しい国、観光客に対して詐欺を働く人が多くいるような国は見極めが必要です。

  • 悪質な店舗だと、支払い金額が正確に入力されない可能性がある
  • スキミング被害に遭う可能性がある

などの恐れがあります。

支払い金額はお店側が手入力しますが、意図的にしれっと桁を1つ2つ増やして入力してたり、完全にボッタクリ確信犯の場合もあります。必ず入力された支払い金額が正しいことを確認して決済を完了させましょう。

また、スキミングも要注意。

スキミングとは・・(英語: Skimming)

カード犯罪で多く使われる手口の一つで、磁気ストライプカードに書き込まれている情報を抜き出し、全く同じ情報を持つクローンカードを複製する犯罪である。 〜wikipedia〜

スキミングを防ぐのは難しいところですが、クレカを使っても大丈夫そうなお店かどうか(お店の雰囲気などで判断)警戒して利用するようにしましょう。

スキミング被害も、カードの保険が適応されるのがほとんどですが、できる限り未然に防ぎたい所です。(100%保険が効くと断言もできないですし、、)

◆ポイントもついでに貯まる

現金払いだと支払金額をそのまま支払うだけで終わりですが、クレジットカードによっては支払った金額に応じて「ポイント」や「マイル」が付与されることがあります。
同じ金額を払うならポイントが付くクレジットカード払いの方がお得になるのは間違いありませんよね。

短期旅行の場合だと海外で支払う金額は限られていますが、長期旅行となると支払うトータルの金額は高額になります。

ポイントが1%の還元率であれば、海外旅行中だけでもかなりのポイントが貯まりますよね。せっかくならポイントも貯めつつお金を使っていきましょう。

方法②:現地通貨取得はATMでキャンシング&繰り上げ返済

クレジットカード払いも限界があるので、当然現金を用意する必要がありますが、その時はクレジットカードの「海外キャッシング」を利用しましょう。

日本でクレジットカードを使っていてもキャッシングを利用する機会はあまりなく、キャッシングというとお金を借りる=借金、というイメージが強いかもしれません。

しかし、実はクレジットカードのキャッシング機能は海外ではかなり有効です

国際キャッシュカードやデビットカードなどでも現地でお金を引き出せますが、手数料が悪く(日本円に換算される時に手数料が上乗せされて請求されるので)キャッシングの方がお得です。

そして、キャッシングをすると気になるのは「利息」なんですが、繰り上げ返済」というワザを使えばその利息を最小限に抑えることが可能になります。

「繰り上げ返済」は、口座振替の日を待たずに早期に返済してしまう方法です。キャッシングをした翌々日には返済を済ませることが可能なので、ほとんど利息を払わずに済むわけですね。

通常、この「繰り上げ返済」をするためには電話をする必要があります。なのでこれが結構面倒なのですが、WEB上から24時間いつでも繰上げ返済できるカードがあり、後で紹介しているのでぜひ参考にしてください。

◆引き出し金額は?

そうは言っても、キャンシングでも引き出す時に手数料が掛かるので、お金の引き出し回数は少なくしたいものです。

なので、引き出す時にその国で必要になりそうな金額を把握してまとめて引き出すのが得です。

引き出す金額は「1日のおおよその予算×予想滞在日数」で考えますが、事前に宿代や食費などをその国へ入国する前に調べておき、一日の予算を決めておくといいですね。

僕が巡った国であれば、全ての国の費用をまとめて紹介しているので、参考になる国があればぜひ見てみてください。

【世界一周のお金】505日間45ヵ国の旅で使った総費用まとめ!!

2017年8月4日

ただ、だいたい自分が思っている金額よりも多く使ってしまう事が多いので、予想金額の10%増しくらいで考えるといいですよ。

◆キャッシングの上限額は低めに設定しておく

まず、持っているクレカの海外キャッシング枠がちゃんと有効になっているか、日本にいる間に確認しておきましょう。

そして、キャッシング枠の上限額は低めの設定にしておいたほうがいいです

先ほど紹介したスキミングや盗難などに遭った場合でも、キャッシング枠を低めにしておけば被害額も最小限に留めておけます。カード会社の保険でなんとなるとは思いますが、低くするに越したことはないですからね。

方法③:少額の両替&何かあった時のためにUSドルを用意

あと滞在が2日だけで、せいぜい2000円程度しか使わないのに足りない・・なんていう状況が発生することも時々あります。

そんな場合にATMからキャッシングをしてしまうと、引き出し手数料がとられてしまい、かなりコスパが悪くなってしまいます。

なので、そういった少額だけ両替したいという時のために、USドルも持っておき、必要な分だけ両替窓口で両替してもらう、という対応も必要です。
USドルで両替ができないという国はほとんどないので。

◆余った通貨は両替

また、余ったお金は次の国で、その国の通貨 or USドルに両替します。

ただし、次の国に入国してから両替ができなかったという場合も考えられますし、とんでもなく低いレートになってしまう事もありますので、事前に調べておいて対処しておきましょう。

◆USドルが引き出せる国では多めに引き出しておく

USドルが現地通貨として使われている国があります。カンボジア、エクアドルなどです。
また、USドルが現地通貨でなくても、USドルが引き出せるATMがある国が存在します。南米だと、ペルー、パラグアイ、ウルグアイがそうでした。

その国ではATMからUSドルが引き出せるので、今後の旅のために多めに引き出しておきましょう。
大きな空港だとUSドルが引き出せるATMがあるので、その都度USドルを引き出しておいてもいいです。

USドルを分散させて隠し持っておけば、盗難や強盗にあった時も残る可能性があり、いざという時に大活躍します。

さらに、南米やアフリカでツアーを組む時は、USドルで支払うことが多く、USドルを多く持っていても損はないので、常に200~300ドル程度は確保しておきましょう。

クレジットカードは複数枚持ちが基本

以上の3つの方法を僕はオススメします。

また、これらの方法はクレジットカードの利用が基本でしたが、旅中は必ず複数枚のクレジットカードを用意しておきましょう。

なぜなら、盗難にあった時のためのリスク分散です。

海外にいると、何が起こるか分かりません。長期間旅しているとトラブルに遭う確率も高いです。

カードを盗まれたり、無くしたり、ATMに吸い込まれて出てこなかったり・・(本当に色々ありますよ・・。)カードを1枚しか持っていかないとそのカードを盗まれた瞬間、世界一周の旅が終わってしまいます。

そんな時にも複数枚のカードを持ち歩いておけば、被害を最小限に済ませられます。

僕自身も、世界一周中は何度も盗難やスリなどお金のトラブルに遭いましたが、複数枚のカードを持っていたことで、問題なく旅を続けることが可能でした。

また、複数枚のクレジットカードを組み合わせて使うことで、海外旅行保険を延長することも可能です。

普通に保険会社の旅行保険に加入すると、1年で20万円前後のお金が掛かってきますが、こちらを無料で済ますことも可能なので、ぜひ活用しましょう。詳細は次で紹介する記事を参考にしてくださいね!

オススメのクレジットカード5枚を紹介

「世界一周や長期海外旅行にはクレジットカードが必須」という事が分かったところで、

じゃあ、どんなクレジットカードが良いのか?」という疑問があるかと思います。

以下の記事をぜひ参考にしてみてください!

無料で海外旅行保険の延長をする方法も紹介していますよ!

【帰国後もおすすめ】世界一周・長期海外旅行のクレジットカード5選【裏技あり】

2019年5月28日

世界一周前に調べて・世界一周を終えて・日本での生活を始めて、何度も何度も吟味した上で「これはオススメできる」と思えたクレジットカードなので、ぜひ参考にしてもらえると嬉しいです。

お金をきちんと管理して、損なくスムーズな世界一周旅行を過ごしましょう!

コメントを残す