エチオピアでの費用をまとめてみた。




期間
2017年5月16日〜6月8日 計23日間
(アディスアベバ、ラリベラ、メケレ、ダナキル、アワサ、アルバミンチ、少数民族各地)

☆☆エチオピア☆☆
1ブル(Birr)=約5円

【航空券代】1万8400円(ドバイ→アディスアベバ)
【VISA】50$=5700円

★通常滞在★
【食費】2510=12550円
【交通費】1390=6950円
【宿費】3610=18050円
【日用品】380=1900円
【観光費】130、50$(ラリベラ入場料)=6350円
【その他】1230=6150円(SIM、チップ、Wi-Fi他、コーンロウ)

★ダナキルツアー★
50$(移動+宿)、6900(ダナキルツアー代)

★少数民族巡りツアー★
【食費】930=4650円
【交通費】1250=6250円
【宿費】500(3泊)=2500円
【入村料】300(ハマル族マーケット)、600(ダサネチ族※ボート込)
400(カロ族)、310(ムルシ族)
計1610=8050円
【写真代】150=750円
【ドライバー兼ガイド】1400ブル+100$
=民族巡り約4万円
 
 
★総計★
9250ブル+4440ブル+200$+1400ブル+6900ブル
=21990ブル+200$
=10万9950円+22400円
13万2350円

+航空券、VISA代
総計=15万6450円
 
 
1日あたり5755円(航空券代・ビザ代除いて)
食・宿・交通費で、1日あたり2980円(計10190ブル+50$=5万6650円)
 
 
 
 
アフリカのイメージに反して物価の高いエチオピアでした。
旅終盤ということであまり節約意識もなく出費が高くつきました。
特に北部はダナキルツアー・南部は民族巡りと、いつもほとんどかからないツアー観光代が高くなってしまったので、結果この金額。
ただ、内容に関してはかなり満足しているので費用は仕方ないかなと。
それでも食宿交通費だけでで、1日約3000円かかっているのでエチオピアの物価の高さが分かると思います。
 
エチオピアには高いお金を払ってでも訪れる価値のある場所がたくさんあります。
お勧めの国の一つです。
 

出費を抑えたい人、賢くお金を管理したい人は・・・

世界一周や海外旅行中って、どうやってお金を管理したら賢いんだろう?全て現金で持ち歩くわけにはいかないし...。極力出費は抑えたいなぁ。

僕は過去に2年間という長期で海外を巡っていましたが、そこで培った長期海外旅行中のお金の管理術をまとめました!

これがお金の管理方法として一番賢いかな」と結論付けた方法、お金の管理(節約)術を紹介しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

【世界一周】2年間の海外旅行で培ったお金の管理方法は3つ【クレジットカードも紹介】

2019年5月30日

合わせて、世界一周や長期海外旅行でおすすめできるクレジットカードも紹介しているので、こちらも参考にするといいですよ!もちろん短期旅行でも活躍します!

【帰国後もおすすめ】世界一周・長期海外旅行のクレジットカード5選【裏技あり】

2019年5月28日

 
【過去の費用は以下】
フィリピンタイ・マレーシアバングラデシュネパールインド日本韓国アメリカメキシコキューバベリーズグアテマラコロンビアエクアドルペルーボリビアチリアルゼンチンパラグアイブラジルイタリアスペインドイツチェコポーランドフランス(日本)トルコジョージアキプロスヒッチハイク9ヵ国イスラエル・パレスチナエジプトスリランカドバイ
 
【費用まとめ記事も合わせてどうぞ】
【世界一周の費用】365日26ヵ国で使った費用まとめ!
 
 

コメントを残す