格安で世界一周する20のアイデア【お金が無いけど世界一周はできる】




こんにちは、世界一周から帰国したゆうや(@sanktuali)です。

僕は2年ほど掛けて世界一周をしましたが、『【世界一周のお金】505日間45ヵ国の旅で使った総費用まとめ!!』でまとめているように、これぐらいのお金を使いました。

この記事をアップした時の反響は、面白い事に

安い!!どうやって費用抑えたの??

という前向きな声と、

やっぱり世界一周って大金が必要なんだ・・

という後ろ向きな声の、2極化した反応がありました。

同じ内容でも見る人によって、かなり印象が変わるもんですね。

 

結論から言うと、世界一周に大金が絶対必要かと言うとそうではないし、旅の費用は工夫することでかなり安く抑えることが可能です!

今回は、お金が無いけど世界一周したい人に向けて

・世界一周のためにお金を集める方法

・世界一周中にお金を稼ぐ方法

・世界一周の費用を抑える方法

の20個のアイデアを紹介します。

世界一周したい!でもそんなにお金がない・・。」と思っている人にぜひ読んで欲しいです!

世界一周前にお金を集める編

1. 企業から協賛をもらう

世界一周の費用を集めるとなると、仕事やバイトなどを掛け持ちして収入を増やすことを考えるかと思いますが、スポンサーという手段もあります。

企業から協賛をもらうことですね。

協賛金というお金だけでなく、航空券やカメラ、服、カバンなどの物資支援も協賛で得られる可能性もあります。

多くの企業にメールを送り、アポを取り、プレゼンをしにいく。というかなり大変な方法で、しかも、必ずしも協賛してくれる企業が見つかるかは分かりません。

それでも、そうやって企業協賛を得て世界一周を経験した人が少なからずいるので、ぜひ世界一周前のチャレンジとして試すのは大いにアリだと思います。

2. クラウドファンディングで支援を募る

いまや資金を調達する手段としてメジャーになってきたのが『クラウドファンディング』ですね。

熱量、企画性、そして信用があれば、お金を集められる時代になってきました。

社会貢献系である「Ready for

クリエイター系だったら「CAMPFIRE

企業の新商品や新サービスだったら「Makuake

地方・地域に特化した「FAAVO

プロジェクトのジャンルや目的によって、クラウドファンディングの媒体を選ぶと良しです。

ただし、多くのクラウドファンディングが手数料に10%ほど取っているので、これらの媒体を使わずに支援が募えるといいんですけどね。(リアルクラウドファンディングと言って直接お金を受け取る知り合いもいましたよ)

また、最近ではフレンドファンディングと言える「polca」もメジャーになってきているので、もう少し気軽に支援してもらいたい時は、こちらを利用するのもありです。

3. 旅イベントで世界一周航空券をゲット

TABIPPOという世界一周団体が提供する「世界一周コンテスト」というものがあるのをご存知ですか?

このコンテストでは、プレゼン大会の優勝商品として「世界一周航空券」が用意されています。
毎年行われているので、興味ある方はぜひ応募してみるといいですよ!

日本最大級の旅イベント Backpack FESTA

世界一周に熱い想いやテーマを持つ事、それを伝えることで、世界一周のチケットをゲットできます。
めちゃめちゃ熱い活動なので、絶対に感化されると思います。

旅中に稼ぐ編

4. バスキング

バスキングとは、路上でパフォーマンスをしてチップをもらうことです。

ギターを始めとした演奏系、書道、ハンドメイドの商品販売、旅で撮った絶景写真の販売など、自分の特技を活かして、お金を稼ぎながら海外を旅することが可能です。

路上でパフォーマンスしてお金なんてもらえるの?って思うかもしれませんが、路上で稼げないのは日本くらいです。

海外では本当に多くのバスキングを見ますし、かなりチップをもらっている印象です。

無一文で日本を出て、ギター1本で何年もかけて世界一周している人も多いですよ!

5. ブログ・アフィリエイト

旅をするのなら、ぜひブログも合わせてするといいです!

旅の経験を共有することで、世界の情報を求める人が助かりますし、こうやって旅のノウハウをまとめることで収益に繋げることも可能です。

初心者向けにブログ、アフィリエイトで稼ぐ方法を、以下の記事で簡単にまとめているので、興味ある方はぜひチャレンジしてみて下さいね。

【初めてのブログ】で稼ぐ方法|アフィリエイトって?ASPって?【収益化する】

2019年6月25日

ただ、それなりの知識やノウハウは必要ですし、数ヶ月〜2,3年掛けてやっと収益に繋がってくるので、長期的な目線で地道に続けていく必要があります。

6. ノマドワーク

上記のブログやアフィリエイト以外でも、パソコン一つあれば、旅中に稼ぐこともできます。

Webライティング、Webデザイン、プログラミングなど、スキルがあればどこにいたって稼ぐことができます。
正直、スキルさえあればお金なんてなくても世界一周できます。上で紹介したバスキングもスキルの一つと言えますよね。

こういったスキルは旅中でなくても、世界一周前後でも大いに多方面で役立つので、旅をきっかけにぜひチャレンジしてみると良いです!

こちらも簡単なものではありませんが、スキルが身についてこれからの人生が生きやすくなるはずです。

7. モノを売る

日本では高値のものや珍しいものも、ある国では安く売っていたりします。その商品を仕入れて販売することで利益を出します。

今は「stores.jp」や「BASE」という簡単にオンラインストアを作れるWebサービスがあります。

こちらを利用すれば、例えば、世界一周をしながら旅した国々で買ったかわいい雑貨やその国にしかないもの、洋服などをオンラインストアで売ることも可能です。

ウェブサイト制作の知識は全く不要なので、誰でもオンラインストアを最短2分で簡単に作れますよ。

アイデア次第ではなんでも売ることができるので、世界一周しながらバイヤーとして活動してみてはどうでしょう。

8. 旅の知識や経験、ノウハウを売る

旅の経験やトラベルハックなどのノウハウをまとめて販売したり、自分の得意ジャンルの知識を共有することで収入を得ることが出来ます。

サービスが何個かあるので紹介します。

Gumroad

Gumroadという誰でも簡単にデータを直販できるサービス。

サイトに登録して自分の作成したデータをアップロードすると販売URLが発行されるので、後はFacebook、Twitter、Instagram、ホームページで売るだけです。

ただし、手数料が高い点と、英語表記なのがデメリットかもしれません。

ameroad

日本にもameroadという類似サービスがあるので、英語が苦手な人はこちらを使うのも手。

coconala

coconala(ココナラ)は、500円で知識・スキル・経験を販売できるオンラインマーケット。

こちらはココナラサービス内での販売になるので、多くの人に買ってもらえるチャンスがあるのが特徴です。

手軽に販売できますが、手数料が30%なので単価が350円と低下なのがデメリットかもですね。

note

また、記事としてまとめたノウハウをnoteで有料販売することも同じ様な手法です。

noteはすでに、無料も含めたら多くの人が使う媒体になっていますね。

こちらは値段も自分で設定可能ですし、記事内のどこからどこまでを有料にするかも設定できたりするので、工夫次第で売り上げを伸ばす事もできそう。

 

旅の知識やノウハウを売る

Gumroad

ameroad

coconala(ココナラ)

note

これらの販売手法は、InstagramやTwitterと相性がいいので、同時並行でSNSに力を入れていくと収益を最大化しやすくなると思います。

9.治験

リスク、危険、副作用などの悪いイメージがあるかと思いますが、国が許可を出しているので、安全はかなり保証されています。

そして、治験は日本だけでなく多くの先進国でも行われており、有名な所だとイギリスやドイツがあります。

渡航費も出してもらえる所が多いので、世界一周の出発をイギリスなどにして費用を浮かし、かつ海外でお金を稼ぐ人もいます。

皆さんは、怪我や病気の際にお薬を使用したことがありますよね?
これらのお薬は、厚生労働省から許可を得て初めて市販され、私たちの元に届いてきます。

厚生労働省は、それら開発段階の薬剤の有効性や安全性の調査データを確認することで許可を出しています。

まず新しい薬剤が開発されたら、動物による有効性と安全性の試験を行います。
ここで効果があり、また安全性に問題がないと確認できた場合に、ヒトに対しても同様の効果があり、安全性も担保されるかどうかを確認します。

この薬剤の安全性や有効性の調査をヒトで検証することを”治験”といいます。

引用:治験センターVOB(ボランティアバンク)の公式サイト

そして、治験の良いところは、かなりまとまったお金がもらえる点、空き時間にパソコン作業ができる点です。

治験は、決められた期間入院をします。採血などが何回もありますが、基本的には病室内にいれば自由です。

僕はこの治験を日本で経験したことがありますが、12日+2日間で、29.5万円の報酬をもらえました。
また、空いた時間はブログを書いたり本を読むなどをして過ごすことができましたよ。

ただ、健康状態や定員数によっては参加できない場合もあるし、何日も拘束されるのは精神的にまいってくるので、何回もやりたいとは思えないものです・・。

旅中の費用を抑える(節約術)編

10. カウチサーフィン

現地の方の家に無料で泊らせてもらうサイトです。
これを活用すれば宿泊代が掛からない他、現地の人と濃い交流が出来ます

もちろんそのホストの方の性格にも寄りますが経験的に、ゲスト(宿泊者)に対してかなり好意的で親切な対応をしてくれる人が多いので、一緒にご飯を食べたり観光案内をしてくれる場合もあります。

ただ、サイトの登録とメッセージのやり取り、当然会ってからの会話も全て”英語”になるので、人によっては難易度が高いかもしれません。

でも、僕自身も英語はそこまで上手ではありませんが、それなりにコミュニケーションは取れるので思い切って使ってみるのもアリだと思います。

サイトはこちら→Couchsurfing

【初めてのCouchSurfing/カウチサーフィン】

2015年12月11日

11. 現地通貨取得はキャッシングで

旅先で現地通貨を手に入れる際は、日本円を両替するのでなく、クレジットカードを利用してATMキャッシングした方がお得です。

もちろん利息が発生するんですが、Webでの繰り上げ返済ができるカードを使えば、ほとんど利子なしで現金が手に入るのでオススメします。

【セディナカード】海外キャッシングWeb繰上返済の方法【世界一周でおすすめ】

2019年6月5日

空港や街中での両替所は、一応商売やってるわけで、基本的にあまりレートが良くないので注意です。

12. 海外旅行保険はクレカの付帯保険で

海外旅行保険は、国内の保険会社のものに加入すると1年間で20万円ほど掛かってしまうので、クレジットカードの付帯保険で済ませるのがオススメです。

代表的なものでいうと、楽天カードBooking.comカードなどに無料で旅行保険が付いてますね。

その他の長期旅行や世界一周で使えるオススメのクレジットカードを紹介しているので、ぜひ参考にしてみて下さい。

【帰国後もおすすめ】世界一周・長期海外旅行のクレジットカード5選【裏技あり】

2019年5月28日

13. 空港ラウンジで食べ飲み放題

空港のラウンジはお金の持っている人が使うもの、とか思われがちですが、実はそんなことないんです。

楽天プレミアムカードを作っておくと、無料で世界中の空港ラウンジに入れる『プライオリティパス』を無料で発行でき、多くの国の空港ラウンジで食べ飲み放題することが可能になります。

楽天プレミアムカード自体は、年会費が10,000円+税が掛かるんですが、空港ラウンジに3回も行けば元は取れますし、ポイント還元で十分に元取れます。

空港を利用すればするほど節約になりますね。

14. 宿泊の支払いは「Booking.comカード」を使う

ホテル・ゲストハウスの予約は、大手宿泊予約サイトの「Booking.com」を使うといいです。

その際、Booking.comカードを決済に使うと、お得な特典を多々受けられます。

  • 無料で海外旅行保険が付く
  • 宿泊料の5%がキャッシュバック
  • genius会員(特定の宿が10%OFF)になれる

オススメのクレジットカードでも紹介していますが、年会費無料ですし、比較的審査が緩く作るのに苦労しないので、ぜひ作って活用するとかなりお得に過ごすことができます。

15. 紹介制度を利用して滞在費の節約

上記で紹介した予約サイトBooking.comには、既存会員による「紹介割引制度」があります。

宿予約をする際にBooking.com(紹介リンク)を利用すれば、紹介料として2000円分がキャッシュバックされます。身近な人に声を掛けて相互にリンクを紹介し合ったりするとWin-Winですね!

(もし、身近な人にリンクをもらえなければ、上記の僕のリンクを使っても構わないですよ!)

16. ハピタスを通して予約する

宿泊予約サイト通して予約する際、ハピタスのリンクを踏んでから予約すると、最大12.5%のポイントキャッシュバックを受け取れます。

有名どころだと、Booking.com, Agoda, Expedia, Hostelworldなんかは適当されますね。

ちょっと一手間ではありますが、宿予約などをする時に「ついでに」するだけなのでオススメできます。
この一手間もチリツモでそれなりの金額になりますよ。

17. LCCを駆使する

安い航空券探しなら、航空券比較サイトを使うに限ります。

代表的なところでいうと、Skyscannerは鉄板ですね。

18. workaway(ワークアウェイ)を使って働く

Workaway(ワークアウェイ)とは、簡単に言うと「1日数時間ボランティアとして働くことで、宿と食事を提供してもらえる仕組み」を使ったサイトのこと。

これを使えば物価がどれだけ高くても宿と食事を無料で提供してもらえるので費用がかなり抑えられます。

そこで働きつつ休みの日は観光しに行ったりして、数日間か数週間働いたらまた次の国で探す。ということを繰り返せば、お金もそんなに使わずに済み現地人であるホストの人と交流もできるし、同じようにワークアウェイを活用して来た海外の方と交流ができる場合もあります。

ホストとしても働き手を確保できる、旅行者としても宿と食事が無料で提供してもらえるので、お互いWIN-WINの関係なのかと。

色んな国で活用しまくれば、資金がなくても世界一周レベルの旅行ができちゃうかも・・?

同じようなものにWWOOF(ウーフ)というサイトもあるので、日本ならこちらの方が使いやすいかもしれません。

19. 住民票を抜いておく

長期旅であれば、出発前に海外転出届を役所に提出(住所を抜く)しておけば、大幅な節税につながります。

具体的には、年金・健康保険料・住民税を納める義務がなくなるので、数十万円(人によって幅がありますが)節税になりますね!

証券口座が作れなくなったり、国内で病院にかかった際の負担が増えたりと、デメリットもありますが、メリットのほうが大きいと思います。

20. 予防接種はバンコクで打つ

世界一周のような長期海外旅行なら、各感染症のワクチン予防接種は必須です。ここをケチる人は多いですが、絶対に打っておいたほうがいいです。

こちらは日本で打つよりも、海外で打った方が安く、特にバンコクのスネークファームは旅人のワクチン接種の定番スポットですよ。

実際に打った時に費用などを紹介しているので、参考に見ておくといいかも。

噂のスネークファームに予防接種受けに行ってきた

2015年10月27日
まとめ

僕は世界一周をするのに200万円以上の大金を使いましたが、2年でこれだけの費用で済んだのはこれらの手段を活用したからであり、
そしてもっともっと活用できれば費用を抑えることができ、そこまで貯金を貯める必要なくできたかもしれません。

情報の質はお金にも結びついてきますので、ぜひこれらの方法でお得に世界一周しちゃいましょう。

今後も、僕の経験やノウハウを共有していきます!

 

▼最後までありがとうございました。世界一周に関する記事を他にもたくさん書いてます!

コメントを残す