【セディナカード】海外キャッシングWeb繰上返済の方法【世界一周でおすすめ】




こんにちは、過去に2年間海外を巡っていたゆうや(@sanktuali)です。

今や、世界一周・海外旅行には「クレジットカード」は必須。

現金を日本から持っていくのが一番わかりやすいけど、盗難の恐れもあるし、基本的に海外でのお金の管理はクレジットカードを利用し、そして現地通貨を取得するには「海外キャッシング」がおすすめです。(詳しくは以下の記事へ!)

【世界一周】2年間の海外旅行で培ったお金の管理方法は3つ【クレジットカードも紹介】

2019年5月30日

日本円を、空港や現地で両替して取得するよりかなりお得ですよ!

2年間もの長い間、僕はこの海外キャッシングを利用して過ごしていたわけですが、この方法をさらにお得に、かつ便利にするカードを見つけました。

それが「セディナカード」というクレジットカードです!

セディナカードでの海外キャッシングがお得で便利な理由は、「Web上で繰上返済ができて手数料を節約できる」からなんです。

今回の記事では、セディナカードの紹介や、海外キャッシングのネットでの返済のやり方を紹介します。

世界一周や海外旅行にどのクレジットカードよりも適したカードなので、ぜひ利用することをオススメします。

ちなみに世界一周や海外旅行でのおすすめクレジットカードも紹介しているので、ぜひ合わせて読んでみてくださいね!(セディナカードも含めて紹介しています)

【帰国後もおすすめ】世界一周・長期海外旅行のクレジットカード5選【裏技あり】

2019年5月28日
両替は海外キャッシングがお得になる理由

そもそも大前提として「なぜ現地通貨取得は、現金を両替するより、クレジットカードの海外キャッシングのほうがお得なのか?」

日本でクレジットカードを使っていてもキャッシングを利用する機会はあまりなく、キャッシングというと、お金を借りる=借金、というイメージが強いかもしれません。

しかし、実はクレジットカードのキャッシング機能は海外では両替よりかなり有効です

空港や街中での現金両替には手数料がかかる

空港や街中の両替所で、日本円などの現金から現地通貨へ両替するには、手数料がかかりますよね。

両替所に表示されている電光掲示板と、インターネット上で見る公式の為替レートには差があります。

両替手数料が含まれているからこの差が生まれるんですね。両替所や銀行は、この手数料を利益にしているわけです。

両替する額が大きければ大きいほどたくさんの手数料を払わなくてはいけません

例えば、ざっくりですが、USドルに両替するなら1ドルあたり3円程度の手数料を取られるので、1万円をドルに両替するとしたら約300円、10万円なら3000円程度の手数料を取られるということですね。

海外キャッシングなら両替手数料が掛からない

しかし、クレジットカードの海外キャッシングなら、この両替手数料がかからないんです!

法律(貸金業法)によって、(ATM手数料などの一部の例外を除いて)利息の他に手数料を取ることを禁じているからです

したがって海外キャッシングにおいても、上限利息に加えて両替手数料などを取ることはできません
そして多くのカード会社ではキャッシングの利息の年利は18%までとなっています。

つまり、海外のATMでキャッシングをしてお金を引き出す際にかかるのは、

  1. 年利18%の利息
  2. ATM手数料

だけとなります。

この2つの他に外貨両替手数料などを取ることは法律で禁じられているのです。

 

でも、利息とATM手数料がかかるんだったら、結局結構なお金が取られそうだけど・・?しかも利息18%って高いような気もするし・・

と思うかもしれませんが、クレジットカードの海外キャッシングは基本的に1ヶ月後に返済するものなので、12ヶ月分の年率金利18%を12ヶ月分で割ると1ヶ月あたり1.5%。

1万円を借りても返済時には150円の利息しかつきません。10万円なら1500円。この時点で、両替所の現金両替と比べるとかなり差がつきますね。

さらに繰り上げ返済を使う

さらにですが、「繰り上げ返済」という方法を活用することによって、キャッシングを行った3~4日後には返済を可能にすることができます。

繰り上げ返済とは、本来の口座引き落とし日よりも早くカード会社へ支払ってしまうことです。

この繰り上げ返済を使えば、さきほどの計算でいくと、1日あたりにかかる利率は『18%÷365日=約0.05%』

なので、つまり日本円で1万円分を借りても3〜4日後に返済できるから、たったの15円〜20円(1日あたり5円)しか利息がつきません

このように利息については、繰り上げ返済によって圧倒的に少なくすることが可能となっています。

繰上返済をWeb上で完結できる『セディナカード』がオススメ

ただ、通常だと海外にいる時は、国際電話を使ってクレジットカード会社に電話して、繰上返済金額と振り込み口座を聞き、支払い手続きを進める、という手順になってきます。

世界一周や長期海外旅行をした場合は、日本のATMや銀行で繰上返済をすることが出来ないので、わざわざ国際電話でクレジットカード会社に問い合わせないと繰り上げ返済ができない、という状態に陥ります。

これだと非常に面倒で、海外から日本へ電話をする時の電話代がかかりすぎると、わざわざ繰上返済した意味もなくなりますよね。

しかし!

この面倒な手間を、海外にいながら「Web上ですぐに繰上返済できる」クレジットカードがあります。

それがPay-easy(ペイジー)というサービスを使える「セディナカード」です!

セディナカードの特徴

セディナカードは三井住友フィナンシャルグループの株式会社セディナが発行しているカードです。

セディナカードの主な特徴は以下の通り。

  • 年会費無料
  • カードブランドはVISA・Master・JCBの3種類
  • ネット繰り上げ返済のPay Easy(ペイジー)サービスが選べる
  • ATM手数料無料
  • ただ、海外旅行保険が付いていない

年会費は無料で、VISAやMasterといった国際ブランドを選べます

一番使えるのはVISAブランドですが、Masterブランドはその次に世界中で使えるので便利です。

特にヨーロッパや南米などはアメックスことアメリカンエクスプレスのカードが使えない場所もありますし、日本では強いJCBも海外ではかなり使えないので、このどちらかのブランドを選べるのは強いですね。

ただ、セディナカードには海外旅行保険が付いていないので、海外で何かあった時のために、さらに別のカードを持っておく必要があります。

【帰国後もおすすめ】世界一周・長期海外旅行のクレジットカード5選【裏技あり】

2019年5月28日

セディナカードはATM手数料無料

先ほど説明した、海外キャッシングで必要になってくるATM手数料についてですが、セディナカードは海外でのATM手数料が無料です。

なので、利息を最小限に抑えATM手数料も無料で済ませれる、ということになり、ほとんど金融市場の為替レートそのままで両替できてしまうことになります。

※国によってはどんなカードでもATM利用料が掛かる場合もあります。
フィリピンだと一律250ペソ(=約500円)掛かります。

ネット繰上返済のPay Easy(ペイジー)サービスが選べる

そして、セディナカードの最大の魅力は、インターネット上で繰上返済ができるPay Easy(ペイジー)サービスが選べることです。

こちらは、海外からでもパソコンやスマホがあれば使えるインターネットバンク(楽天銀行など)を組み合わせることで、ネット上で早期返済することができるんです。

インターネット繰上返済のやり方

では、その海外キャッシング繰上返済機能の、その返済手順を解説していきます。

ここからが本題ですね。

インターネットバンクを用意する

セディナカードの海外キャッシングの繰上返済では、セディナカード以外に必要なモノがあります。それが銀行のカードです。

Pay-easyという繰上返済システムに対応している銀行のカードはかなり多いのですが、三菱UFJ銀行やみずほ銀行などのメガバンク、ゆうちょ銀行が対応しています。

でも、ネットで使えないと意味がないですよね。
海外キャッシングでネット繰上返済に適している銀行のカードは、やはりインターネット上で使えるネットバンクです。

このPay-easyに対応してるネットバンクはかなり限られてくるのですが、中でも楽天銀行がオススメなので、セディナカードを作る際は合わせて楽天銀行のカードを作っておくと良いです。

セディナカードのOMC Plusにログイン

まずはセディナカードのサイトからログイン。
http://www.cedyna.co.jp/support/webenter.html

セディナカードの場合は、OMC Plusというネットサービスを提供しているので、ここにログインしていきます。

ログインすると、↓このようにメニューが表示されます。

メニューの中の「ご入金受付」をクリックすると、「入金受付サービスPay-easy(ペイジー)」が表示されるので、それをクリック。ペイジーのページへ。

↑申し込みボタンを押すと、次は、↓このように、金融機関を選ぶ画面に。

金融機関を選び、「決定する」ボタンを押します。
すると、選んだ金融機関のサイトへ移動します。自分の選んだ金融機関のサイトへログインです。

金融機関ページにログインしたら、支払い金額を確認して、Pay-easy利用規定に同意して、振込ボタンを押します。

完了すれば、すぐにメールで楽天銀行から振り込まれた正式なメッセージが届きます。

以上です!簡単ですね!

セディナカード『Jiyu!da!』でもOK

他のセディナカードだと、セディナカードJiyu!da!でも同じことができます。

ただ、こちらはリボ払い専用カードになりますので、カード到着後にカスタマーセンターに問い合わせて、カード限度額と毎月の支払額を同じにしておかないといけません。

最初は全てリボ払い設定になっていますが、設定変更で一括払いカードとして利用可能です。

セディナカードの長所まとめ
  • 年会費無料
  • 手数料(利息) 1日0.05%
  • 繰上返済時にカード会社への電話が不要。ネットだけで返済可能。=電話代が節約できる(旅行中の国際電話代を考えるとメリット大!)。
  • 繰上返済時、振込手数料が無料(pay-easyペイジー登録銀行から)
  • pay-easy(ペイジー)なら、土日祝でも振込可能。=早く返済すれば利息が少なくなる。
  • ATM手数料無料

というような、まるで海外キャッシングの為にあるようなカード。世界一周や海外長期旅行にはピッタリの1枚ですよ!

海外での滞在が長期になればなるほど、手数料もバカには出来ません。こういうちょっとした事をしているだけで、お金が浮き、その分他の旅費に回すこともできます。

無駄を抑えて、賢く旅をしたいですよね!

ぜひ、このカードを使ってみてください!

 

▼最後までありがとうございました。世界一周に関する記事を他にもたくさん書いてます!

コメントを残す