年50万円以上の節約効果!?コスパの高い節約術5選を紹介【旅の資金を貯める】




こんにちは、過去に2年間で45カ国を巡ったゆうや(@sanktuali)です。

旅にはお金が掛かりますよね。

僕も過去に世界一周をしましたが、それなりにまとまったお金を使いました。

【世界一周のお金】505日間45ヵ国の旅で使った総費用まとめ!!

2017年8月4日

そのお金を貯める為に節約をしましたし、帰国後はお金について勉強し、手間なく効率的にお金を貯めることができています。

今回は、僕が実践している節約効果の高かった貯金術を紹介します。

結論は以下の5つ!

結論
  • 格安SIMの利用
  • 電力自由化で楽天でんきへ
  • 支払いはKyash+楽天カード
  • 保険は最低限の掛捨てのみ
  • 家賃を抑える

最初の手間さえ乗り越えれば、あとは自動的に節約できちゃいますよ!

お金を貯めて旅に出ましょう!

コスパの良い節約方法

①格安SIMの利用(月6千円の節約)

大手キャリア(au、docomo、softbank)と契約している人は、格安SIMに切り替えるだけで、毎月3000〜6000円は支出が減ります

格安SIMなら月2000円以下で問題く過ごせますよ。

僕の場合、格安SIMに変えたことで、約1,100円/月額という破格の安さに収まりました。

月々たったの1,100円!?格安simを契約して11ヶ月目。スマホ代はたったのこれだけでした

2019年2月2日

キャンペーンを利用しているので、現在はここまで安くはないですが、それでも2000円前後に収まっています。

大手キャリアの時は7〜8000円の支払いが普通で、高い時は1万円という金額を払っていたので、平均6000円程度の節約効果がありました。

大手キャリアの最大のデメリットは何と言っても「高い」ことです。大手キャリアだからこそのメリットもありますが、コスパはめちゃめちゃ悪いですよ正直。

【デメリット】今すぐ格安SIMへ。大手通信キャリアをさっさと解約したほうがいい理由【おすすめ】

2019年6月8日

ちゃちゃっと出来ることなので、今すぐ格安SIMに変えて、月々のスマホ代を減らしちゃいましょう。

最初の手間さえ終わってしまえば、あとは毎月自動で節約できることになります。

②電力自由化で選ぶなら楽天でんき(年3万円の節約)

2016年より電力自由化が行われ、様々な企業が電力小売事業に参入しています。

楽天グループが運営する電力会社も参入しており、「楽天でんき」に切り替えたことによって、電気代を節約することも可能になっています。

楽天でんきの節約メリット
  1. 基本料金が0円
  2. 電気使用量が多い場合に電気料金を安くできる
  3. 楽天ポイントで電気料金を支払うことができる
  4. 楽天の期間限定ポイントも支払いに当てることができる
  5. 楽天ポイントが貯まる

期間限定ポイント含む楽天ポイントで支払うことも可能なので、実質0円に電気料金を抑えることが可能。

これで、毎月2500〜3000円掛かっている電気代を、なんと0円に済ますことができているので、年間で3万円ほど節約できています。

楽天でんきに申し込むだけでOKなので、手間もほとんど掛からず、毎月の節約が自動でできちゃいます。

③支払いはKyash+楽天カード(+楽天pay)

Kyashというサービスはご存知でしょうか?

スマホアプリで作れるVISAプリペイドカードのサービスで、オンライン決済はもちろんのこと、リアルカードを発行して実店舗での決済でも使えます。

https://kyash.co/

このKyashで支払いをすることで、全ての買い物で2%のキャッシュバックがつくので、普段の買い物をするだけで節約効果を発揮します。

そして、このKyashは使った分だけ紐づけたクレジットカードから引き落としされるので、楽天カードと連携させれば、さらに1%の還元を発揮します。

併用すれば最大3.5%の還元率

また、QRコード決済が徐々に進んできていますが、楽天Payも併用すれば、0.5%の還元が加わるので、

可能であれば、①楽天payで支払い(0.5%ポイント還元)
②楽天payにKyashを紐付けし(2%キャッシュバック)
③引き落としは楽天カードから(1%ポイント還元)

という組み合わせで、最大3.5%もの還元を受けられます!

どんな人でも通常の買い物で、年間にすると100~200万円ほどするので、これらの還元を受ければ、3万5000円〜7万円ほど節約に繋がるということです。

普段の買い物の支払い方法を工夫するだけで節約になるので、手間はないですよ。ぜひトライです。

キャッシュレスのほうが人生お得

未だに現金主義の人が多いですが、キャッシュレスにしたほうが人生お得ですよ!

僕は完全にキャッシュレスになってきたので、財布すらもいらなくなってきました。笑

【ミニマリスト化】僕が財布を持つのをやめた日。貧乏人の家ほど物が多いらしいので財布を捨てて物を減らしてみた

2019年6月27日

④保険は最低限の掛捨てのみ

支出を下げるためには、保険の見直しは絶対です。

保険は大きく、掛捨て型と貯蓄型(積立型)の2種類ありますが、最低限の「掛捨て型」でOKです
また、がん保険や学資保険は不要ですね。(※あくまで判断は自己責任で

貯蓄型(積立型)の保険で月々2万も3万も払っている人がいますが、不要な補償も含まれていますし、
貯蓄型と言っても支払い料金の中に掛捨て分も含まれており、それがかなり高くついています。

高額療養費制度や遺族年金などの、国が提供する保険もあるので、保険に多額のお金を払ってまで備える必要はありません。

【保険の見直し】保険の選び方のポイントを解説【積立より掛捨て】

2019年7月17日

保険の内容を見直して、不要な保険は解約しましょう。

ちなみに、僕の月々の保険料支払いは2195円のみです。
貯蓄型の保険で1万円以上、中には3万とか4万円支払いしている人もいるので(もちろん積立分は後で返戻されるけど)最低限の保障だけ掛けておけば、差額は自分で資産運用したほうが残るお金は多くなりますよ!

【お金の勉強】20代サラリーマン共働きの生命保険はどれに加入すべき?【掛捨て型でOK】

2019年6月21日

⑤家賃を抑える

毎月の支出の中でダントツで高いのが「家賃」です。しかも固定費なので一番の出費が自動的に掛かってきます。

この固定費をいかに安く抑えるかが、一番の重要節約ポイントとも言えます。

出来る対策として

  • 実家に住んで家賃0円
  • 友達や恋人とルームシェアして家賃を半額に抑える
  • 家賃の低い家に住む
  • 家賃の低い田舎に移住する
  • シェアハウスやゲストハウスに住む
  • 大家さんに家賃交渉をする

などがあります。

僕は恋人(現在は妻)と一緒に住むことで家賃(光熱費も含む)を半額に抑えています。
可能であれば実家に住んで、この一番高い固定費を0円に済ますのが一番ですね!

年間50万円以上の節約効果

上記のことを行って、僕は年間で50万円以上の節約を苦なく自然と達成することができました。

節約と言っても、食費を削るとか安いスーパーに行くとかじゃなくて、根本的に毎月掛かっている支払いを見直すだけで、劇的に節約できる金額が変わります。

日々の節約を意識するのではなく、固定費をまず見直しましょう。

アプリを使って収支管理をするのもアリですね!

【お金の管理】はMoney Forward MEが最強【貯める力をつけましょう】

2019年7月14日

コメントを残す