旅2年目突入ーー!!!世界一周始めてから365日が経ちました。 ということで色々と勝手にランキングつけてみた




fb_img_1478104927470
お久しぶりです。ちょめた(@sanktuali)です。
 
 
久しぶりの更新でどうしていいか分からずちょっと情緒不安定です。
 
前回の更新が8月の28日なので、2か月ちょいぶりの更新(11月3日現在)
さらに記事内の旅の時期は7月末で止まっているので、実質3か月以上現在とのタイムラグがあります。
 
まじか・・・・
 
 
 
 
なんでこんなにブログ更新ができなかったのかというと。。。
 
 
 
 
ぶっちゃけめんどくさくなったから。に尽きます。
すいません。
 
まあ、スペイン巡礼とかのビッグイベントがあったり毎日が色々ありすぎてブログのことが頭からすっぽりなくなっていました。
いや、むしろ開き直って、ブログは一旦忘れよう!とか思ってました。
 
 
だけど、やっぱりこの旅のことは記録していきたいので、ブログは再開させます。
 
 
 
 
 
前回の記事がアルゼンチン。
それから3か月。もちろん色々ありましたよ。
 
旅のルート的には、
アルゼンチン→パラグアイ→ブラジル→イタリア→スペイン→ドイツ→チェコ→ドイツ→ポーランド→チェコ→ドイツ→(スイス)→イタリア→フランス→スペイン
と旅していました。
リオオリンピックやら泡パーティにトマティーナ、スペイン巡礼やオクトーバーフェスト、ヒッチハイク。
3か月もあれば色々なことがありました。色んな人との再会もあったし、たくさんの人との良き出会いがありました。
 
 
 
 
 
まあーーーーーー、楽しかった!!!!!!!!!
 
 
 
 
っていう感想が一番に出てくるんですが、
とりあえずその辺はおいおい書いていくとして(ちゃんと書きます。インド編の時のようにはしないつもり)
 
 
 
タイトルの通り、昨日(11月2日)で世界一周の旅を始めてから365日が経過しました。
11月1日が365日目。
 
最初に日本を出たのは7月6日なんですが、セブ留学期間や一時帰国期間を除く実質期間で計算すると、この日。
 
ついに2年目突入です。
 
 
っていう節目だったので、これを機にこれからちゃんとブログ書いていきます。
誰が読んでいるのか知らんけど。(ブログ書いてない期間も多い時で1日100PVとかあったのでやっぱりちゃんと書いていこうと思います。来てくれてた人ありがとう。)
 
 
 
 
 
そんなわけで丸1年。
ちなみに訪れた国は26ヵ国。(スイスも行ったんだけど通っただけなのでカウントせず)
cropped-my-travel-map.png
日本→フィリピン→タイ→マレーシア→タイ(2度目)→バングラデシュ→インド→ネパール→インド(2度目)→日本→韓国→アメリカ→メキシコ→キューバ→メキシコ(2度目)→ベリーズ→グアテマラ→コロンビア→エクアドル→ペルー→ボリビア→チリ→アルゼンチン→パラグアイ→ブラジル→イタリア→スペイン→ドイツ→チェコ→ドイツ(2度目)→ポーランド→チェコ(2度目)→ドイツ(3度目)→(スイス)→イタリア(2度目)→フランス→スペイン(2度目)
 
 
世界地図で見るとこんだけしか行ってないんですよねー。
まあ365日で26ヵ国っていうのはかなり少ないほうだと思うけど、個人的には納得してます。
むしろ1ヵ国1か月滞在とかが理想やからな。
まあそれは限界があるので、こういう数字になりました。
 
理由は明確やけど、
インド→2か月半
タイ→1か月半
スペイン→1か月半(50日間)
 
 
 
この3カ国だけで約半年やからね。笑
 
 
インドは世界一周するって時から一番行きたかった場所で憧れも強かったから、それでもまだ足りてないって思っているし、スペインは巡礼があったので、必然的に長くなりました。
タイはちょっと長すぎたかな。
 
 
まあでも、やはり想定内ではあるので納得した365日間です。
そもそも行った国数が一種のステータスみたいに捉えられてる感じあるけど、それには抗いたいって思っているので。
まあカウントはするけども。
 
 
 
 
 
 
あと、これだけの期間を旅してきたので、ちょいちょい聞かれる質問
 
 
 
「どこの国がよかった??」
 
 
 
 
これめーーーちゃ難しい質問です。
 
 
その人が何に重きを置いて選ぶかって話なので、
同じように旅してきた人に聞いても、あの国めっちゃ良かったっていう人もいれば、イマイチって言う人もいるので。
 
って言っても、僕が書くブログなんだから僕目線での良し悪しを書けばいいのかなってのも思うので、
勝手にランキングつけちゃいます。
個人の独断と偏見が混じっているので、これを参考にしてぜんぜん良くなかったとか言われても困るので、参考程度に。
そもそも26ヵ国しか行っていない中からのチョイスなので、かなり偏りがあるのかも。
 
 
 
あと、個人的に思ったのが、
 
・旅のような短期間で訪れるのにお勧め!ってのと、
・ここに住みたいくらい良かった!っていう
 
2通りの感じ方があったので、2パターンで記載していこうと思います。
 
だから旅で訪れるのにお勧めなやつは、決して住みたいと思うのとは別なので勘違いはしないでほしい。
あと住みたいのは国っていうより都市で選んでます。国全体っていうよりその場所。都市によって全然違うからね。

 
 
 
あともう一つ。
世界中を旅する中で、僕は色々とやってみよう精神で臨んできました。
面白そうって理由でやってみたのがほとんどですが、やってよかって思うものばかりだったので、そのへんもランキングで発表したいと思います。
 
 
 
 
 
 
 
そんなわけで、まずは!!
 
【ぜひ旅中に訪れてほしい国ランキング】
第3位 インド

嫌いな人は大っ嫌いな国だと思いますが、僕は堂々のランクインですねー。
インドの中でも、僕はバラナシとアムリットサルがお勧めです。
 
インドは本当に色々と考えさせられる場所です。そして絶対に何かが起こります。
長期的にいるとインド人のうざさにはまいっちゃうんですが、あの混沌とした街、人とリキシャーの多さ、宗教について、生と死、ボッタくりや物乞い。
色んなものが混じったあの国は、一言では言い表せないです。
都市によって雰囲気や景色も全くと言っていいほど違う。本当に飽きない、そしてクセになる国だと思いました。
ただし人に寄るようなので、どっちに転ぶかはあなた次第ですね。
 
 
 
第2位 キューバ
img_8337
カリブ海に浮かぶ島国キューバ。
最近アメリカと国交回復し、経済的にも発展し始めるであろうと言われていますが、未だに世界では稀な社会主義国家。
僕は文化とかに興味があるので、その点が面白かったかなーと。
配給制度もありますし、基本的に国に物資が無い・不足している。通貨は2種類あるし今の時代でネット環境が恐ろしく整っていない。
他国と比べれば比べるほど相違点があって、興味深かったです。ただ、人は良かった。
10年後には国がガラッと変わってしますかもしれないので、今のうちに訪れることをお勧めします。
 
 
 
第1位 バングラデシュ
 
アジア最貧国と言われるバングラデシュ。
もうこの国はまさにカオス!
一歩この国に踏み出して唖然としました。
 
尋常じゃないほどのクラックション、人とリキシャーとオートリキシャーの数!インド以上!
どこへ行っても混雑・渋滞。ほとんどの道が未舗装で土煙がすごい。
もうぐちゃぐちゃ。
の反面、人がむちゃくちゃ良い!
観光資源もないため観光客もかなり少なく、その為かバングラデシュ人は観光客馴れしてないのでこちらに興味深々。道を歩けば握手のオンパレードで、英雄的な扱い。フレンドリーでとても親切。
 
少し前に殺人事件があったので、他の国同様かそれ以上に気を付けなければいけないかもしれませんが、間違いなく刺激のある国。
 
 
 
 
 
 
次に、住みたい都市!
こちらは旅行としてもお勧めできる場所ですね。
 
【住みたい都市ランキング】
第3位 メデジン(コロンビア)

ここにある日本人宿に滞在し、多くのコロンビア人と交流することができました。
その日本人宿があったからこそというのもあるんですが、そういった国際異文化交流ができ、その背景には親日という点が含まれていると思います。人が良し。
インフラも整っており、気候も年間を通して良く(これかなり重要だと思う)、日本食材も手に入れやすい。
全体的に整っている感じ。カフェの立ち並ぶおしゃれな通りもあり、快適に過ごせるはず!
 
 
 
第2位 バンコク(タイ)

物価が安い、飯がうまい、親日が多い、中心部は交通の便が良い、日本食レストランなどが豊富などなど。
日本からも近いので行き来もしやすいし、色々と条件が揃っているのがバンコク。
3週間ほど友人宅に居候させてもらいながらバンコクライフを楽しみましたが、またリピートしたい場所です。
現実的に考えてもハードルがかなり低いと思う。
 
 
 
第1位 バルセロナ(スペイン)
img_1808
現在滞在中のバルセロナ。
1年最後のここにきてランクインしてきました。
まずご飯がうまい。ホントそこに行き着く。そしてヨーロッパの中ではとても安い。
ワインも安いのに美味しいものばかり、スペインに来たおかげで嫌いなお酒だったのが好きなお酒に逆転したくらい。
天気の悪い日が少ないらしく気候良し。スペイン人の性格か陽気な人も多くフレンドリー。
 
そしてこれだ!っていう決定打が、
未完のサグラダファミリアの進捗状況がリアルタイムで見れてしまう点!w
あと10年ほどで完成すると言われているサグラダファミリアですが、ぜひその様子を伺いながら生活できるのは贅沢では?
街も整っていて綺麗です。
 
 
 
 
 
最後にやってみてほしいこと。
時間のかかるものだったりするので、ぜひ世界を周っている時間のある間にやってみてほしいやつです。
時間・お金・精神力体力と、何かしら必要になってくる、決して楽しむってやつじゃないかもしれないけど、
絶対いい経験になって、後々生きてくると思います。
まあ人次第ですが。。。
 
というわけでそのランキング。
 
【ぜひ旅中にやってみてほしいことランキング】
第3位 スペイン巡礼(カミーノ・デ・サンティアゴ)
20160909_134623  
最近僕も参加したやつです。
もうね、むちゃくちゃ良いです。
 
約800㎞の道のりを10㎏前後の荷物付きで歩くという、もうドMまっしぐらの内容なんですがw
涙あり、笑いあり、感動あり、恋バナありで、
歩いている時は、「もうこんなもの二度とやるもんか」と毎日思いながら歩くんですが、それでも歩き続けるんですが(笑)
一緒に歩く仲間ができたり、辛い時には励まし合い、共に目標に向かう結束感、そして自分自身との対話。
終わった後にはジワジワとその良さが分かってきます。
終わって数日して、また歩きたい感が半端なかったです。
 
距離の短いルートもあったり、一度に全て歩き切るんじゃなく何回かに分けて歩く人もいるので、自分の体と精神と相談して決めてみてはいかがでしょうか。
 
 
 
第2位 ヴィパッサナー瞑想
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
これに関しては以前書いた記事があるので、参考になるかと思います。
【世界一周している25才無職が10日間、人と話すことも目を合わすことも、読み書き娯楽などが一切禁止の『ヴィパッサナ瞑想』修行に参加してきました。】
この記事タイトル通り、10日間誰とも話すことも目を合わすことも一切のコンタクト禁止の状況で、ひたすら瞑想するという内容。
最初の3~4日間は肉体的にも精神的にもかなりきついんですが、慣れてきてからの瞑想への集中はかならず自分に何かしらのプラスが働くはずです。
人によって感じることが全然違ってて聞いてると面白い。
外部との情報が一切遮断された世界でひたすら瞑想。
普段の生活では絶対に作り出せない空間です。何を感じるかはあなた次第。
ぜひチャレンジしてみることをお勧めします。
大変ですけどね(笑
 
 
 
第1位 日本一周
img_0196_2
最後はなんか世界一周とちょっと話がずれているようなことなんですが、、、
世界一周して日本に帰ってそれで終わりという人が多いと思うんですが、個人的には世界一周と日本一周はセットだと考えています。
どんなことを考えて世界に出るのかは人それぞれだと思いますが、みんな世界を舞台に何かしら「知りたい」っていう欲求心があると思うんです。
絶景なのか、文化のか、人とのふれあいなのか。色々あるとは思うけど、
世界を知るなら日本人として日本のことも知るべきだと思う。
 
僕は世界に出る前に日本を巡りました。やり方はヒッチハイクでしたが(→その時の記事
自転車でも青春18きっぷでもやり方はなんでもいいと思う。
日本にもいい所はたくさんある。綺麗な景色、歴史ある遺産、文化、人とのふれ合い。
世界を周っていると色々な出来事があるように、日本でも必ずあります。
日本のことを知るきっかけにもなると思う。
 
世界の数ある中にある一つの国、日本。
っていうのをぜひ日本人として訪れてはいかがでしょうか。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
・・・・
こんな感じでまとめてみました。
 
ど、どうですかね・・・???
 
まあ、人に寄って本当に感じ方も内容の密や質も変わってくると思うので、特にそこに興味があるかないかで。
これは勝手な自己満なやつです(笑
でもこれから世界旅するよーって人の参考にでもなれば嬉しいかな。
 
 
 
以上、365日間記念として記事書いてみました。
 
また頻度遅いかもしれないけど、今までの分書いていきますので、どうぞよろしくお願いしまーす。
次回はみんな大好きお金の話。
365日間でいくら使ったかざっくり計算してみまーす。
 
 
 
 
あと、11月7日に日本に一時帰国しまーす!!
7日昼~10日まで東京
11日横浜
12日~13日大阪←まだ分からん
13日~岐阜(実家)
15日か16日か17日か18日か19日~12月下旬まで名古屋(ちょいちょい岐阜)
↑↑ヤマさんまた連絡します。
年末から未定(岐阜か名古屋、ちょいちょい東京と大阪)
2月22日~旅再開
 
っという感じの日程で過ごしていきます。
(あと資金補充したいのでバイト考えてます。なんかあったら声かけてください。)
 

 
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
 
 










コメントを残す