3ヶ国目 マレーシアはクアラルンプールに来ています。




malaysia_map
 
とか言いつつ、このブログ書いてる時はすでにタイに再入国しています。
ということで、マレーシアの振り返り!
 
 
タイ・バンコクでのペータとの3週間の同棲生活を終え、3ヶ国目マレーシアに向かいました。
Facebookでも書きましたが、ペータのおかげでいい感じにタイ生活を送れました。出会ったタイ人の友達にも感謝です。
 
IMG_3497
なにはともあれ、VISA無しで滞在できる30日間ギリギリまでタイで過ごし、一時マレーシアに出ます。そしてまたタイに戻る旅程。
いわゆるビザクリというやつです。
 
ビザクリ。ビザクリアのことで、ビザランとも言う。
日本のパスポートってものすごい効力を持っていて、ほとんどの国を短期であればVISA無しで入国できるんです。
VISAってなんだ?って思う人が多いのは日本人だからこそなのかな?
と、その話はまたの機会にして。
 
ただ、ノービザで居られるのもやはり期間があり、タイの場合は30日間。
もちろんVISAを取得すればその分長く滞在できますが、費用がかかるわけで、バックパッカーにとってはその費用さえも痛手な訳で。
 
そんな訳で、バンコクを後にして、寝台列車×2回(2泊)
(1回目は18時間+遅れ2時間)
(2回目は12時間※途中入出国手続きあり)
計32時間をかけ(笑)お隣の国マレーシアへ。
 
IMG_3518
この時、たまたま同じ鉄道に乗っていた世界一周中の日本人タクヤさんと会い、同じくクアラルンプールに行くというので夜飲みましょうと約束して一旦お別れしました。
 
 
 
1番の目的は一度タイを出ることであり、マレーシア滞在はそんな長くなくていいやと、3日+移動日としましたが、、、
かなり後悔です・・・
 
少し前にネットで、
マレーシアは少し発展してて東南アジアらしさがなくてあまり面白くないという話をチラッと見た覚えがあったけど。
そんなこと全くなかったです!!!
その言葉を鵜呑みにしていた自分がバカでした。
 
 
おい、マレーシアは面白くないとか言う奴、魅力がないのはその国ではなくお前自身だ。
マレーシアだろうとどこだろうと、その国なりの楽しみ方があるはずだ。それができないなら旅をする資格なんてない。さっさと日本帰って働け。
 
とか、ちょっと台詞借りてみました。
いや、かなり同感だけどね。
 
兎にも角にも、無事首都クラアルンプールに到着し、チャイナタウン近くにある宿へ。
ちなみに1泊約300円。ネット最安値で人生で1番安かったな。
まぁ、安かろう悪かろうでした。
男だし汚いとかもほどほどに大丈夫な人なので問題なかったけど。
 
チェックイン前だったけど、宿に荷物置かせてもらって充電+少し情報収集して、いざ出発!
向かうは古都「マラッカ」
世界遺産にも登録されている場所です。
 
DSC01717DSC01711DSC01745DSC01753DSC01765DSC01731DSC01730
期待値はかなり大きかったし、着いたすぐ後は、おおっ!って感じやったけど、
けど、ちょっと期待しすぎた場所だったかな〜
世界遺産に認定される歴史的背景はあるんだろうけど、それを扱う人々と町の雰囲気が若干残念でした。。。
クラアルンプールからは片道バス2時間半、12RM(リンギッド)約350円程度で行けます。
 
 
日帰りだったので、夜10時半クアラルンプールに再着。
約束していたタクヤさんと合流するため連絡を取り合い、移動。
するも、電車乗り間違えるわ無駄に乗り換えるわ予想以上に距離あるわで、遅れに遅れ。。。
外ではネットも使えず、結局会えずじまいという。。。
本当に申し訳なかった。。。
またどこかで会えるといいなぁ…
夜、1人で、マレーシアの代表建築物「ペトロナス・ツインタワー」のライトアップバージョンを見て帰りました。
 
DSC01772DSC01774
 
翌日は、クアラルンプールをじっくり周りたかったが、時間も無く観光は一カ所のみ。
マレーシアで最も美しいモスクと言われる「ブルーモスク」へ。
正式名称は「スルタン サラディン アブドゥル アジズシャー モスク」というらしい。長過ぎる。。。
 
DSC01808DSC01788DSC01799DSC01789DSC01801
マレーシアはイスラム教が多いので、祈りの場であるモスクが多くあるようです。ブルーモスクはその中でも最大。町中では多くの女性がシュールを頭に覆い歩く姿を見ます。
 
他にも、「ピンクモスク」「国立モスク」「マレーシア・イスラム美術館」「バトゥ洞窟」と巡りたい所が多々ありましたが、しぶしぶ諦め、、、
しかも、マレーシア人は親切でぼったくろうとするなんて一切なく、いい人たちでした。
この日程を組んだ自分を恨みます。
 
 
その後、バスで次の目的地「ペナン島」にあるジョージタウンへ。
タイに割と近いマレーシア北部に位置するこの島。
町の至所に壁画があり、しかもこの壁画のユニークさとクオリティの高さといったらなんの。
ここでは、フィリピン留学を共にした世界一周中のなっちゃんと合流し、僕が来る前にここで知り合ったらしくマレーシア人のLooeyと一緒に壁画散策しました。
 
DSC01820DSC00648DSC00640IMG_3565DSC01856DSC00659DSC00657DSC01849DSC00649DSC00642DSC01834DSC01831DSC00639DSC01818DSC01811DSC01842DSC01843IMG_3560IMG_3566
ユニークかつハイクオリティな壁画のある町は歩くだけで楽しく、雰囲気ものんびりとしていてとても過ごしやすい場所でした。
 
DSC00675DSC00676
IMG_3562DSC00667IMG_3602
壁画とのコラボもなかなか面白いです。笑
次はぜひとも実物のマリリン・モンローと。笑
 
クアラルンプールからはバスで片道6時間、35RM(リンギット)約1000円で行けます。
あと何泊かしたかったなぁ。
この日程を組んだ自分を恨みます。。
 
 
 
そんな感じで終わったマレーシア。今回訪れたマレーシアはマレー半島側のみだったので、次アジア戻ってきたらキナバル山のあるボルネオ島側にも行こうと思います。
安い、人がいい、見所満載のマレーシア、ぜひ訪れることをオススメします。
楽しめる、楽しめないかはあなた次第。
 
 
しかし、横不動を取り忘れたのは本気で悔やむ。
 
次はタイに再入国して、ダイビングで有名なピピ島のあるクラビへ行った話。
 










コメントを残す