【クラビ・ピピ島でダイビング♪♪】




krabi
マレーシアを後にして、次に向かうはタイ南部に位置する「クラビ
ここでは、同様にフィリピン留学を共にしたえりちゃんと合流し、引き続きなっちゃん、そしてマレー人のLooeyも一緒に行くことになり、4人でクラビってきました。
タイ再入国!
 
 
クラビと言えば、レオナルド・ディカプリオ主演 映画「ザ・ビーチ」のロケ地となった「ピピ島」で有名
 
らしいです。笑
全然知らんかったわ。
 
 
目的はもちろんダイビング♪♪
フィリピンでライセンス取得してからの初ダイビング!
緊張しました(笑
 
IMG_3590 船で向かうこと1時間半くらいだったかな?
その間説明を受けるも、やはり英語力ごみ。
大事なこと聞きそびれてないか不安になるも、まあ、えりちゃんいるし大丈夫っしょ。
と、他人頼み(笑
男として情けないが、ダイビング経験値がそうなんだからしょうがない。
 
IMG_0468IMG_0511IMG_0521DSC_2953DSC_2850
ぶっちゃけ、評判ほどびっくりするような綺麗な世界ではなかったが、
やはり、海の中で見る世界はなんとも言えない面白さがあり、不思議な気持ちになります。
またやりたい
が、肉体的にも精神的にも疲れます。
慣れかな〜
 
とりあえず、生きて帰ってこれてよかったです。。。
途中、潮の流れが強くて呼吸するのに必死だったのは秘密。
水中横不動撮りたかったが、そんな余裕なし!
 
DSC01860 帰りの海は、荒れに荒れてました。
海って怖いわ。
 
費用は、2ダイブ・食事装備込みで3900バーツ(約13000円)
 
 
 
 
そんな感じで、ピピ島でのダイビングを楽しみつつも、
クラビでは、ナイトマーケット、そしてまさかの温泉にも行くことができました。
宿の隣にあるカフェを経営している話の長い胡散臭いおっさん親切なおじさまが連れて行ってくれました。
 
IMG_3625IMG_3633IMG_0569IMG_0568IMG_0577IMG_0581 IMG_3665
まさか、タイに来て温泉に浸かれるとは思ってもみなかったので、とても幸せな時間でした。
 
しかも、どうやらここは「クロントム温泉」という観光スポットらしく、どこかのテレビでも紹介されてたようです。
これぞ正真正銘の天然温泉。お湯加減もいい感じでとてもリラックスできました。
水着なんか脱いでやりたかったけど、まだ人生楽しみたいので我慢。
 
 
もう一カ所、別の温泉にも行きましたが、47度と熱過ぎてゆっくりは浸かれませんでした。
塩分濃度が高い、サリネ温泉というようです。
IMG_3658
しかし、そんな場所に知らぬ間に来れるとは。
このおっさんに感謝!
胡散臭いなぁ〜と思ってたけど、温泉にもナイトマーケットにも無償で連れて行ってくれたし、温泉の入場料も払ってくれたし、めちゃめちゃいいおじさんでした。
ビジネスに成功しているのか、どうやらお金持ちのようで、
お金を気にしないのはそのせいかな。
まあどうであれ、とてもお世話になりました。
 
 
あとは、ナイトマーケットを楽しみつつ、
IMG_3609IMG_3610IMG_3612IMG_3616IMG_3650IMG_3655
 
残念ながら、ここでLooeyとはお別れ。
若干22歳という年齢ながら、落ち着いた子で対応が大人、英語力堪能で冗談もイケてるナイスガイ。
ただ、Looeyの前で日本語で何度も会話をしてしまったのは申し訳なかったな。。
次会う時はオール英語でも、なんなく会話できるようにしなきゃな。
また日本かマレーシアか、はたまた違う国で再会しよう
Looeyと会えてよかった
 
Thank you so much Looey !!!!
We could enjoy at Pinang and Krabi because of you.
You were so nice,cool,grow-up behavior,nice joke,and your English was good in spite of young.
So sorry because we spoke in Japanese in front of you.
When we meet next time, we talk all in English. so we have to study English more.
Let’s meet again some day at Japan or Malaysia or anywhere.
I hope your life will be happy !!
Good luck !!!

IMG_3632IMG_3664IMG_3607IMG_3579IMG_3594
 
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
 










コメントを残す