イランビザ取得失敗!




2017年3月5日〜 ジョージア・バトゥミ
 
 
 
ジョージアに無事入国でき、最初に向かう街は「バトゥミ(Batum)」
 
10年ほど前は何にもない小さな村だったらしいのですが、開発が進み今ではリゾート地として栄えているみたいで、夜になればネオンが光り、カジノがやたらと目立っていた気がします。
 

着いた時はすでに夜だったので同じ宿泊客のウクライナ人出身のおっちゃんと夜ご飯に行ってきました。
結論、ただただフレンドリーで美味しいご飯とお酒を飲食したかっただけのめちゃめちゃいいおっちゃんでしたが、終始疑いながらの対話だったのでなんか悲しい思い出になってしまった。
ごめんねおっちゃん。ご飯美味しかったよ。
スマホの電池も切れてしまい写真も撮れなくてごめんよ。
 
 
 

 
 
そもそもジョージアってどこ?って話ですが、
(缶コーヒーしか頭に浮かんでこなかった)
 

これから訪れるお隣、アルメニア・アゼルバイジャンと合わせてコーカサス地方と呼ぶらしいです。
図中にグルジアと書いてあるのは、2014年からグルジアからジョージアと国名が変わったから。
国名が変わるって何事!?って感じですが、ほとんどの国は元々そう呼んでたそうです。
 
 
中東はイスラム国家が多いですが、ここはキリスト教。
(そもそもこのコーカサス地方が中東に属するのかアジアかそれともヨーロッパなのか。微妙すぎるよジョージア。。。)
旧ソ連の一部だったため、英語があまり通じませんが自国の言葉に加えてロシア語が通じます。※ロシア語が分かるわけじゃないよ。
ウクライナ人のおっちゃんもレストランの店員とロシア語で会話してました。
 

 
翌日はイランビザを申請しにイラン大使館へ。
 
この後に行こうとする「イラン」はビザが必要。
ネットで調べていると、ここバトゥミはイランビザが翌日発行できることで有名らしく、
正規は2週間かかるけど、余分にお金を払えば翌日発行が可能とのこと。
 
そんなわけあって日程を微調整して月曜日にバトゥミ着にしたわけです。
9:30〜17:00が開閉時間で、申請は午前中だけっぽいのでさっそく大使館へ。
 
10:30頃到着すると、警察官と興奮気味のウクライナ人女性がいて、なんか口論してるし。
 
 
「ここ大使館ですか?」
と聞くと、
 
旅行者ウクライナ人の女性が
「そうよ、でももう閉まってるわよ」
と。
 
は?クローズ?なんで?
 
「今日の申請受付はもう終わったらしいわ。ここにはファッキンスタッフしかいないわよ。ファッキン大使館ね。ファック!!!」
 
 
めっちゃブチ切れてるし。(笑)
ってか何回ファッキンって使うねん。。
外国の人って、貞操によらず遠慮なく暴力的な言葉使うから聞いてる分にはまあまあ面白い(笑
 
 
ウクライナ人の方はロシア語で警察と色々と話してましたが、とりあえずイマイチ理由が分からず、中にも入れさせてもらえなかったので翌日来ることに。
さっそく一日無駄になっちゃった。。
 
 
*****
 
[翌日]
10:30にまた閉められてもまた困るので今日は9:30に到着。
無事中に入れてもらえ、中にはすでに昨日のウクライナ人がいて軽く挨拶。
 
申請用紙をもらい記入したり待たされている間に、他の各国の旅人さんたちが続々とやってきて、まあそのメンツが濃いこと。
 
 
一人は世界一周中の韓国人で、60歳超えのリタイアしたおじさんだったけどすでに3年半を旅してきて、あと半年かけて中東中央アジアを周る予定らしい。すでに100カ国は巡ってきたとのこと。
 
一人はブラジル人チャリダー。母国ブラジルから北上して北米、そしてヨーロッパに渡り中東in。イランを通ってアジア方面へ行くとのこと。
これまでの走行距離は2万5000キロ超えだそう。
 
一人は難聴の韓国人女性。言葉のやりとりがあまりできなかったけど、一人で旅行中らしい。
 
で、あとファッキンウクライナ人と僕。
 
 
 
いやいや、イランを旅する人ってこんな人ばっかりなの?w
みんな色々とおかしいよね。w
 
そんなメンツに苦笑いしながらも、ドキドキしながら申請受理待ち。
しかし返ってきた返事は、
 
 
「来週の金曜日にビザ受取に来てください」
 
っていう反応は予想できたけど、その後のこちらの願いも一切聞いてもらえず。
 
 
まあ、本来はそれが正規の話なのでそうなるのも仕方ないよね。
担当者によるのかもしれないけど、2週間しか無理だったという人も多いみたいなのでなんとなくそうなりそうと思いつつも淡い期待を寄せましたが、、、
 
見事に撃沈。
 
 
今まではほとんどのビザがアライバルビザで取得できたので、こうやって事前にビザを取得するのはあのインド以来。
このやり取りが懐かしいっす。。
まあ受理自体はすんなり済んだので良しとしよう。
 
そんなわけで、2週間弱ジョージアを巡ることになったのでした。
※現在、その2週間をかけて、メスティア、クタイシ、トビリシ・カズベキ。とジョージアを巡っていますが、ジョージアなかなかいい感じの国です。
 
 
次回もそんなジョージア巡りの話。
 
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

▼▼仲間と共に運営する【もうひとつのJR】のブログもよろしく▼▼
JRにはもうひとつの意味があるのを知ってますか??
思わず誰かに伝えたくなる、日本がお世話になったJRさんのお話を紹介しています。

なんかよう分からんって人はまずこれ読んでみて↓↓↓
→→日本国民がお世話になったJRと言えば?

ブログはこちら→→もうひとつのJR










コメントを残す