人は真剣だからこそ悩む。インターン生として3ヶ月フィリピン留学を過ごして思うこと




こんにちは、お久しぶりです。
お久しぶりじゃなくて初めましての方もこんにちは。伊藤祐矢です。

長いことブログ更新が途絶えてましたが、ちゃんと生きてます。笑

書きたいことはいろいろあったんですが、忙しさを理由に避けに避け・・
あれよあれよと気付いたら3カ月経ってました。は、早ぇ….。
ブログを始めてからこんなに放置したのは初めてなので自分でもびっくりです。
まじで時間が過ぎるのが早い!

で、何がそんなに忙しいの?ってかそもそもお前今なにしてんの?
って話からなんですが、最近の近況なんかも兼ねて久しぶりにブログ投稿しようと思います。

久しぶりすぎてどうやって書いたらいいのか分からなくなってますが、ブログに自分の事をずっと書き続けてきたので今回も自分の言葉で書き残しておこうと思う。

フィリピン・セブ島の語学学校でインターンやってます

前回の記事が世界旅の総集編だったので、ブログの中ではあれから時が止まっていたのかと思うとぞっとする。。。

その記事でも書いてましたが、今はフィリピン・セブ島にある語学学校「クロスロード」でインターン生という立場で留学をしています。

インターンシップは留学には当てはまらない気がしますが、英語を学びに来ていることには変わりがないので、僕は留学という意識で来てます。

という訳で毎日英語漬けの毎日です。
ただ、インターン生として来ているのでもちろん仕事もしてます。

仕事内容は記事執筆。いわゆるライティングというやつで毎日ブログを書いてます。
この個人のブログではなくて、学校が運営するWebメディアの記事執筆。
1日約5時間、週で25時間の時間をその執筆作業に充て、その対価として1日4時間のマンツーマン授業と寝食を受けるっていう感じです。

だから、給料が出てるわけでもないし(小遣いみたいなのはもらってるけど)代わりに授業料や滞在費が掛かってるわけでもない。
インターンっていうと、無給みたいなイメージあるけど対価はしっかりもらってます。
もちろんインターンには代わりないので仕事から得られる技術や知識、ノウハウなんか色々と学ぶことは多いです。
学校には他の業務を担うインターン生がいますが、ライターならば、とやらせてもらっているのもそんな理由からです。

授業の様子とか載せて紹介でもしようかと思ったけど、学校のHPとか見てもらえれば分かるので、今回は割愛。

今回の記事では、この3カ月を過ごしてきた中で色々と感じることがあったので書き残しておこうと思う。
なんかモヤモヤする気持ちもあったので、一度吐き出すとスッキリするかなーと。
言語化するのはホントおすすめなので、ぜひみんなにもやってほしい。
 
 
※インターンの業務として執筆しているWebメディアはこちら
→  世界一周の教科書セカパカ

インターン生としてフィリピン留学を過ごして思うこと

・スケジュール管理の難しさ
2年前もこの学校に留学で3カ月間お世話になってたんですが、当時は生徒だったので英語だけに集中できたんですよね。
でも今回はインターンとして滞在しているので、業務をこなす必要がある。

週25時間の勤務なので、1日5時間。その対価で1日4時間の授業を受けさせてもらい、残りの時間が自分の時間。
もちろん自主学習に充てたいけど、生徒さん達とも絡みたいし。。
授業時間帯も生徒ならほぼ同じ時間やけど、インターン生となると生徒優先で週によって変動したりする。
午前中2時間授業→2時間作業、昼、授業2H→作業2H、っていう流れだと作業の効率が悪くなったりして、仕事に集中して終わらすのが難しかったりする。時間での契約とはいえ時間に対する成果はしっかり出さないといけない。

だからもう割り切っちゃって、平日は勉強に費やして代わりに休日に作業したりもした。週当たりで、もっと言えば月当たりで作業時間さえ守ればスケジュールは自分次第だから。
ただ、フレキシブルに出来るからこそスケジュール管理がめっちゃ大切って思う。自分のプライベートに使うのか自主勉強に充てるのか、生徒さんたちと関わるのか。

どれも大切にしたいけど、何かに時間を使うと何かを後回しにしないといけない。
勉強に集中しようとすると仕事への集中力に欠ける、仕事にフォーカスしすぎると勉強に力が入らない。
プライベートに時間を割くと自主時間が減る。

時間配分、スケジュール管理。こんなにも両立が難しいのかと感じる日々。

 

・時間が足らない
ってなると時間が全然足らないんですよね。
勉強したいし、記事も書きたいし、生徒さんたちと交流したいし、話したい。自分のブログももちろん書きたい。
やらなきゃいけない事、やりたいことが多すぎて時間が足らないと常に感じています。
ただ、頭を使う作業と勉強なので頭は常にスッキリさせないとだめ。睡眠時間の確保は絶対。

勉強も、単語力増やしたい、文法も学ぶ必要がある、発音もよくしたい、シャドーウィングとかも。
仕事としての技術もしっかり身につけたいし、また、今後参考になる本も読みたい。
マーケティングの本とか、旅の本とか。
オーナーのタクさんの話とか考えてることとか参考に聞きたいし。
特に今はめちゃめちゃプライベートの時間を大事にしたいって思ってて。

得たいものがたくさんありすぎて全然時間が足らないなーって。
今後の自分の為には全て同時進行が理想だけど、プラスαの為の時間が全然作り出せてない。

 

・結局は自分次第、環境と意識は自分で作る
こうやって悩んで考えたりするけれど、結局は自分次第なんだろうなって思う。
その都度、自分の状況に合わせて優先順位決めて、全力でそれに取り組むしかない。

そして自分で自分の環境と意識を作っていかないとダメ。
英語に集中&伸ばす環境を自分で作って、その意識とモチベーションをキープする。
仕事は仕事で切り替える。
インターンとして生徒さんたちのフォローも気をつけたいって思う。なぜなら生徒さんたちにも英語は頑張って欲しい。
よくよく考えると、自分の英語を伸ばしたいという想い以上に他の日本人=生徒さんに英語を話せるようになってほしいから。

でもホントに自分の優先すべき事は間違えないようにしたい。何のために自分はここにいるのか。自分の目標は何なのか。
 

真剣だからこそ悩む

仕事も英語も恋愛も全部真剣にやっているからこそ、悩むし考えるし時間も足りないって思うんだろうなって思う。

英語の伸び悩みもそう。
正直、前回生徒できた時の3カ月間と比べると手応えを感じていなくて。周りの生徒さんたち、ストイックに勉強に取り組んでめっちゃ英語力が伸びた人もいて。そういう人や過去の自分と比べると、うーん、、って思っちゃう。
もちろん仕事もあるので、その分英語に触れてないから当たり前なんだけど。

英語に対する不安はずっと消えない。

でもそれも、本気で取り組んで本気で得たいものがあるからこそ出てくる感情で。
僕らはその限られた時間の中で全力でぶつかっていくしかなくて。
とにかく一歩一歩やってくしかないんだよなーって。

時間は有限。だからこそ、今なんとなく過ごしている人にはなんでもいいから全力になってほしくて。

ありがたいことに、ここには全力で自分の人生を生きてる人達がたくさんいるから、自分を見失わずに済みそう。
多く人の背中を見ることができて、だからこそ自分も背中を見せれる人でありたいなぁ、なんてことも思う。

やば。めっちゃセンチメンタルな記事やけどこれも自分のリアルな感情。

今後また訪れる自分の感情に溺れないように今を必死に生きたい。

 

滞在する語学学校と執筆するWebメディアはこちら










コメントを残す