ヒッチハイク5日目。ハンガリー美女と混浴したいならここへ行け





 
2017年4月4日
【5日目】
 
朝4時50分、目覚ましに気付かず起こされる。
自分で起きれるよって前夜に言ったのに、お世話になりっぱなしです・・
 
しかし、前日は空港泊で寝不足の上に疲労も溜まっているのに6時間半ほどの睡眠なのでなかなかに眠い。
昨日もっと早く寝るべきだったと朝後悔。するもそんなこと言ってられないのですぐに準備してコーヒーをいただき出発。
 
朝早いし眠いしで会話があまりなかったが、あっという間にパーキングエリアまで送ってもらった。
 
 
宿泊から何から何までお世話になりました!ホントありがとう!!
日本来ることがあれば連絡してね!
 
 
 
 
 
というわけで今日もヒッチハイク再開!
と言いたい所やけど、まだ5時半頃で辺りは暗く何より寒いので、とりあえずコーヒー飲みながら建物内で頭を覚ます。
6時過ぎ頃にようやく薄明るくなってきたのでヒッチハイク再開!
 

気温が低い上に風がものすごく強くてめっちゃ寒い!
昨日は昼間半袖でも出来たくらいやのに、何この気温差。
 
 
ただ、やるしかないので手袋もはめてヒッチ。
もしかしたらと思い持っていた手袋をこのタイミングで使うとは。しかしあってよかった。
 
あっという間に1時間程経過したが、車は止まらず。
パーキングの出口側でやっていたが入り口側に移動し、休憩も挟むことに。
 
寒いからなんとか早めに捕まえたい所やけど、なかなかうまくいかんね。
一度中に入ると外に戻りずらく、太陽が出てくるのを待ち、
30分程経った頃に再開。
 
 
日がどんどん上がっていき暖かくなるのを感じ、小さな喜びを感じつつも、
なかなか停まらない。。
 
気づけば2時間近く経ってるし。。
朝早く始めたけど、これじゃ意味ねぇな〜とか感じ始めた辺りに、
後ろをふと振り返ってみるとなんと手招きしている人が!
 
 
ちょうどブダペストに行くとのことで、中心地からちょっと離れた場所までらしいけど全然オッケーですよと乗せてもらいました。
 
チェコ人の彼と韓国人の彼女の国際カップル!
いいな〜!そーいうの!羨ましい!
 
お互い旅行好きだそうで、2人で訪れた国は60は超えているそう。
彼が韓国長期滞在中に出会い、会話は英語で話すらしい。
不思議な組み合わせの国だが、幸せそうで恋に国は関係ないんですね。
 
そんな関係に羨ましいな〜とか思いつつ、ブダペスト付近に到着。
 
寒い時に助けてくれて助かりました!
ありがとう!!!
 
 
 
 
さて、ブダペスト市内までは20キロ弱の場所だから距離的には問題ないが、全然車の通らないパーキング。
試しに10分程そこでやってみたが、全然車が来ず話にならない。
 
地図で見ると、2キロ程歩けば、バス停がありそこから電車を乗り継げば市内まで行けそう。
今日はブダペストに泊まるつもりやし観光もする。
ここでやってても、下手したら2〜3時間かかってしまうかもしれへんから、ヒッチハイクは今日は終わりにして公共交通機関に変更やな。
まあブダペスト市には来ているし、そんな厳密にやるつもりはないので臨機応変にいこ。
 
 
バスと電車を使ってブダペスト中心地着。
街のワイファイ拾って宿の予約。すぐさま向かってチェックイン!からのブダペスト観光!
 

天気も良くていー感じ!ブダペストいいね!
 
事前にここだけは行こうと調べておいた、
国会議事堂
 
と、世界一美しいと称されるマクドナルド

 
最後に、セーチェニ温泉!
 
ブダペストの事を調べてたら温泉があると!この旅の疲れをも癒せるし温泉は行きたい!
とすぐさま決めた場所。
 
ここはパブリックの温泉で水着を着用して入る場所で、
施設はかなり大きく、屋外の温泉(プールみたいな感じ)と屋内の温泉、サウナもあり、かなり充実した作り。
僕も温泉好きなので、2時間ほどここにいました。
 
プールみたいだけど温泉であるのは間違いないので、水着着用の混浴温泉ということになる。
ハンガリー美女と混浴したければ、ぜひこのセニーチェ温泉に。
ちなみに一人で来るお客さんはほとんどいないようです・・
もちろん僕は一人。。
 
こんな感じ。
 
 
そんな半日だけのブダペスト観光でしたが、個人的には十分満足できました。
今日もいい1日やったな。
 
だが、このペースだと距離的にちょっとまずいので、明日は次の国セルビアの首都ベオグラードまで行きたい所。
約360キロほどの距離だからたどり着けるかどうか。
 
明日お世話になる誰かさんお願いしま〜す!!
 
 
温泉上がりのビールで気持ちよくなりながら眠りにつくのでした。
 
【ヒッチハイク5日目】
乗車距離229km
乗車台数2台
ブラチスラバ(スロバキア)〜ブダペスト(ハンガリー)










コメントを残す