ヒッチハイク1日目





日付が空いてしまいましたが、予告通り東欧をヒッチハイクで縦断してきました!
予想以上に苦労した日々でしたが、今回も色んな人に助けてもらい人の優しさに触れてきました。
道中はブログどころではありませんでしたが毎日日記はつけていたので、その日々の様子をアップしていきたいと思います。
何それって人はこれ読んでね。→→【海外ヒッチハイク旅】ポーランド(カトヴィツェ)〜トルコ(イスタンブール)まで約2300km、ヒッチハイクで縦断するよ
 
 
 
2017年3月31日
【1日目】
 
ポーランド到着後カトヴィツェに1泊し、今日からいよいよヒッチハイク!!
 
しかし、朝8時半には起きるつもりが2度寝3度寝してしまい、結局10時ちょい前に起床。早く始めたほうが車は捕まりやすいはずだけど、このダラダラしてしまう癖は直さんとなー。。
 
チェックアウトし、昨日なんとなく選定しておいたヒッチハイクしやすそうな場所まで移動。
するも、よく見るとなんか車停まりづらそうだし、少し違う場所に移動すれば高速道路の入り口に辿り着けそうだったので、急遽場所移動。
 

なんやかんや12時過ぎてしまっている・・
けどほどよく車が通り、停まるスペースもあって、高速の入り口になるので方向もばっちり。
ここなら余裕そうやな。
 
と、ポーランド国境に近い場所に位置するチェコの街「ostrava」の文字を掲げること、、、
 
10分しないくらいで車が停まった!
 
 
「オストラバまでは行かないんだが途中まで乗るかい?」
 
とのことでもちろんー!
場所選定ばっちりやな!
グリヴィチェという街でグラフィクデザイナーをするポーランド人の方。
 

英語もかなり流暢で聞き取るのに必死!
約20分程度の乗車だったけど、サービスエリア的な場所で降ろしてもらう。
 
乗せてくれてありがと~!!
 
 
 
 

降りた場所はモールのような場所で車の多さも申し分ない。
ここなら余裕そうやな。
 
 
と思ってヒッチハイク再開すること。。。
 
約20分・・・
 
 
・・・
全然停まってくれない・・
そっちじゃないんだよ〜、みたいなリアクションをしてくれるが停まってはくれない。
よくよく地図見るとこの場所から東西南北の方向に行けるため、たぶん行く方向が違うみたい。
 
まあ引き返すこともできないので、ひたすら粘るしかない。
 
しかしさらに10分ほど待ってたら、、車が目の前で停まる。
 
来た!!
 
あまり英語の話せない方だったけど、ジェスチャーも加えながらなんとかコミュニケーション。

少し先のパーキングエリアまで乗せてくれた!
ありがとーー!!
 
とりあえずここから脱出できてオッケー!
 
 
 
 
が。
降ろしてもらった場所をよくみると。。車、少ねー・・・
 
まあでも、ちょこちょこ車来るからなんとかなるかと、コーヒー休憩してヒッチ再開。
 
 
・・・
案の定全然停まってくれません。。。
 
こっちの方向に行くんだよー、みたいなリアクションしてくれる人が多いんだけども。
でも海外の人ってそうやってリアクション取ってくれる人多いから、なんかそれだけでも救われるんだよね。
 
しかし待つこと1時間。
 
ってかいつの間にか1時間経ってるし・・
 
とりあえず待つしかないので、ひたすら粘る。
さらに30分くらいすると、1台の車が来て女性2人が降りてくる。
 
一瞬で同じヒッチハイカーだと分かった(笑)
前回ドイツからイタリアまでヒッチハイクした時も思ったけど、めっちゃヒッチハイカーに出会う!
日本だとあんまり出会わないけど、ヨーロッパは特に多いみたいで、やっぱそういう文化が昔からあるんやね〜。
 
 
そんなヒッチハイカーと軽く挨拶。
どこ行くの?
オストラバ?からブルノ?
じゃあ私達といっしょね。
 
と、この全然つかまらない場所で一緒に待つことになるんかー
と思ったけど、
去り際に、
「もしブルノまで来て泊まるんであれば連絡ちょうだい。姉妹と一緒に住んでるんだけどもしあなたが望むなら泊まれるわよ。もちろんタダで。」
 
マジっすか!
めっちゃありがい提案!
メールアドレスと電話番号をもらい、着いたら連絡するよと伝える。
 
できたら今日はオースリアのウィーンまで行きたかったけど、とりあえず今日はブルノまでやな。
そしたらなんとしてでもブルノまで行かねば。
 
と、
その後もなんかバババッっと喋られてよく聞き取れなかったと思ったら、
車がビュンビュン走る道路に行ってしまう。
 
え?彼女らどこでヒッチハイクするつもり!?
 
とか見てると道路の脇を歩きながらあっという間に見えない所まで行ってしまう。
 

いや、危なすぎでしょ。
え、でもあの辺りでもできるんか??
 
自分も同じ場所へ行ってみる。
 

あ〜、確かにこの辺でも車停まれそうやな。
まさか高速道路にまで出てやるなんて発想なかったわ。
やはりクレイジー度は海外のほうが上か?
とか思いながらヒッチハイク再開。
 
 
・・・
しかし停まらない。。
やっぱり運転手たちはリアクション取ってくれるけど、ここからは僕の行きたい方向には行かないらしい。
このすぐ先には高速出口があってみんなそっちに曲がってっちゃうみたい。
 
だけど、あの子たちはもう見当たらないし絶対誰かが乗せてくれたはず。
ならおれも行けるっしょ。
 
と粘るも停まらん!!
ここはやっぱあかんな。
場所変えよう。
 
マップアプリでチェックすると歩いて少し先の高速入り口あたりまで行けるみたいや。
そんなわけでバックパック背負って移動。
 

 
この写真の場所だと遠慮ないスピードで走る車しかないけど、
先の少し戻った高速合流場所まで行けば、まだ合流する前の車で停まりやすそうやし、ほどほど車も来る。
なんか今度こそ行けそうやな。
 
と思い、再度オストラバの文字を掲げると、
 
ものの3,4分くらいで車が停まる!
 
「オストラバまでは行かないが、国境付近まで乗せてあげれるよ」とのこと。
 
やっぱり。
さっきあの場所で待ってた3時間はなんやったんや。
さっさと移動すれば良かった。
 
そんなわけで乗せてくれたポーランド人。

やっとこさ脱出!
まじでありがとう!!
 
この人も英単語での会話だったけど、意思疎通は全然取れたので予定通りパーキングエリアまで。
しかし、またもや小さなパーキングエリア。
いやでも、さっきの所から進んだだけでも全然オッケー!
 
さっそくヒッチハイク再開すると、
なんと5分もしない内に1台の車が泊まる。
 
「ブルノ行くのかい。おれも行くから乗れよ」とのこと。
 
おー!一気にブルノまで行ける!
ヒッチハイクってこういう波があるから、それにハマれば一気に進めちゃうのが面白い所。

2時間弱ほどのドライブで、英語レベルも同じくらいでめっちゃ会話しやすかった。
ちょいちょい海外にも旅行に行くらしく、話も合っていい感じのドライブやった!
 
8時過ぎ暗くなったくらいにブルノ到着。
まじでありがとー!!!
無事今日の目的地まで来れました!!
 
一時はかなり待ったけど、とても順調。
いー感じの初日ですわ。
そして、連絡先をくれたあの子に連絡するためにとりあえずカフェに。
 
とりあえずメール送るだけ送って、飯食いに再度街中へ出かけ。
街中にもワイファイが飛んでいたので拾ってご飯食べながら返信を待つけども一向に来ず。
 
 
 
結局諦めて宿に泊まりました(笑)
いや、別にいいんやけども、返信ないくらいなら最初から連絡先なんてくれなくていいのに。。
 
とりあえず宿にチェックインし、疲れ果てて就寝。
 
 
なにはともあれ初日からいい感じに進みました。
明日もいい出会いがあるといいなぁ。
今日乗せてくれた4組の人たちホントありがとう!!!
 

【ヒッチハイク初日目】
乗車距離262km.
乗車台数4台
カトヴィツェ(ポーランド)〜ブルノ(チェコ)
 










コメントを残す