ヴォロノイ畳のあるGuest house&Hostel【晴 -Haru-】を友人が浅草にオープン!




 

語学留学先クロスロードの卒業生つながりで知り合った友人が、浅草でゲストハウスをオープンしたという事で、お祝いがてら早速見学に行かせてもらいました。

ちょうどこの宿のプレオープン日に東京に予定があるというタイミングの良さもあり(予定があったからタイミング悪いって言えば悪いけども、、、)福岡から東京まで飛行機移動。

クソ忙しいだろうなぁと思いつつもメッセージを送って、アポ入れて浅草まで。

ちなみにその見学に行った日は絶賛二日酔いの状態で行ったので、結構しんどかったww

 

ホステル晴 -hostel haru-

写真は拝借させてもらってますが、シンプルで出来立てという点を除いても清潔感を感じさせる宿。

ドミの2段ベッドに遮光カーテンがそれぞれ付いているのは配慮があって良かですね。

僕が行った時はまだ検討中との事でしたが、女性専用:8ベッド、男女共用:4ベッド、一泊3400円〜

という設定に落ち着いた模様。

浅草に行ったらぜひ〜、という紹介程度かなと思いましたが、ここの宿の売りは個室にありました。

宮城石巻でしか作れない「ヴォロノイ畳」を敷いた畳部屋

以前、このブログでまた別の友人が開業したゲストハウス「藤畳」の事を紹介しましたが、

その時の記事はこちら。【ゲストハウス×畳×福祉】友人が大阪・和泉市にGuestHouse「藤畳」オープン!

同じく「畳」を売りにしていますが、へー!こんな畳があるんや!と思わされた一品。

通常の四角い形状ではなく、組み合わせて初めて完成する不思議な畳。

日本で唯一、あの震災のあった石巻でしか作れない「ヴォロノイ畳」と言うらしいです。

オーナーの友人には石巻には特別思い入れがあり、予算をオーバーしてでもどうしても譲れなかったこだわり。

 

また、多くの日本人には疎い話かもしれませんが、友人はムスリムとの関わりが深く、お祈りを落ち着いてする事ができる祈祷室としても活用できる仕様。

このヴォロノイ畳が作り出す「和」とムスリムの方達の礼拝との融合は、ここでしか作り出せない特別な空間になるんだろうなぁと感じさせられます。

インスタグラムも随時更新中みたいですね。

東日本大震災から石巻に通う事約20回。 どうしても宿内に石巻に関連する物を入れたかった。 • • これは日本で唯一、石巻でしか作れないヴォロノイ畳と言います。 約3か月前に設計士さんと一緒に現地に赴き、色々と話してきました。 予算はとうにオーバーしていたが、 これだけは譲れなかった。 絶対、入れよう! ムスリムの人がこの畳の上で 礼拝できたら和との融合で最高だろな、 現地に行って心に決めた。 • • 2枚目のチョコは帰りの新幹線下車の時に彼がいきなりくれた。 バレンタインが近かったので。 本当は私が渡すべきなのに••• 私が頑張っているから、と。 去り際に。 帰宅して裏面を見たら賞味期限が 宿オープン予定日の1週間後だった。 • • よし、工事が完成されて私に引き渡される日に彼と食べよう••• それが5月11日の今日でした。 • • さっき、納品された畳の上で2人座りながら食べました。 今までの事を思い出しながら。 さすがに涙が出ました。 お互い無知な事も多く、 ぶつかったり、苦労もあり、 現状かなり厳しかったから。 • • 年末から本当に濃厚な期間でした。 しんみりしている暇などはなく これから経営を継続していく方が 何万倍も厳しい。 宿がどのくらい人気が出るのかも 素人からしたら未知の世界。 経営というものが未経験なので。 • • ただ、私の夢を叶えるのに携わってくれた全ての人に恩返しすべく、 日本文化に誇りを持って、 世界に発信していきたい。 そのためにかなりこだわりぬいた ゲストハウスになっています。 • • ゲストハウス晴に携われて良かったって思ってもらえる日が来るよう、 精進していきます。 • • ひょんな失恋から実現したこの ゲストハウス。 夢は口に出す事から始まる。 身をもって体験しました。 みなさんも恥ずかしがらず 周りの友達に夢を語ってみてくたさい⭐ 最後まで読んでくれてありがとう😊 #ゲストハウス #dreamscometrue #石巻復興 #npoオンザロード #高橋歩 #hostelharu #日本文化 #伝統工芸 #畳 #ヴォロノイ畳 #草新舎 #デザイン #設計士 #archtect #tatami #future #asakusahostel #未経験 #未知の世界 #挑戦 #challenge #夢は逃げない #experience #japaneseculture #fancyhostel #経験 #dream #夢は叶えるもの #失恋 #行動力

A post shared by Hostel Haru Asakusa (@hostelharu) on

 

日本の文化を世界に発信

どうしても譲れないこだわりがある、そのオーナーの想いや生き様がどこかしらに反映されている。僕が今まで魅力的に感じて来たゲストハウスというのはそういう点にあったと思っています。

東京・浅草にまたひとつ素敵なゲストハウスが出来上がったみたいです。

今回は見学のみだけでしたが、また機会を見つけて今度はぜひ泊まりに行きたいなぁ。

オーナーと女将と若いスタッフたちが、着物姿でお出迎えしてくれるようです。(お面を被っている方が友人のオーナーw)

実顔を見たい方はぜひ、浅草に出来たゲストハウス&ホステル「晴」に行ってみて下さい。事情を聞かせてくれるはずです。(笑)

ホームページと予約はこちら。晴 -hostel haru-

 










コメントを残す