【4ヶ国目 バングラデシュはダッカに来ています。】




Map_of_Bangladesh_and_neighboring_countries
4ヶ国目!バングラデシュ!
「バングラディッシュ」じゃないよ、「バングラデシュ」ね。
バングラでしゅ。
 
 
 
着いて早々の悲劇。
 
携帯紛失・・・
 
盗まれたとかなら、なんか旅っぽさが出てきていいんだけど、
飛行機の中に忘れてそのままlostっていう。。。
なんともまぬけな話。
 
入国時に気づいたから、空港内で問い合わせて少し待ったけど見つからず。
ってことは誰かが持ってったんだろうってことになるのか。
 
小さめのショルダーごと失くしたから、その中に入っていたiPhoneと残っていた約200バーツと昨日作ったばかりの偽学生証を紛失。
 
保険は入っているし、携帯の中の写真はほとんどがパソコンに保存されているので、そんなに悔やむことはないが、、、、
 
 
あーあ。
(っていうか、偽学生証使ってみたかった!)
 
 
 
 
そんな話がありつつも気を取り直して、とりあえずバングラデシュという国について。
東南アジアや、インドならまだしも、バングラデシュ・・・
未知すぎる。。。
しかし、意外と日本と共通点があったり、偉業を成し遂げてる国だったりするんです。
 
 
まずは参考までに基本情報
【正式国名】バングラデシュ人民共和国
【面積】日本の約4割
【人口】1億5200万人
【言語】ベンガル語
【宗教】イスラム教:約89%、ヒンドゥー教:約9%、残り他
【通貨】Tk(タカ) 1タカ≒1.5円 (2015年12月)
【首都】Dhaka(ダッカ)
【時差】日本より3時間遅れ
【気候】暑季:4〜5月、雨季:6〜10月、乾季:11〜3月
【スポーツ】クリケット
 
バングラデシュの国旗は、赤が昇る太陽、緑が豊かな大地を表し、
初代バングラデシュ大統領が日本の日の丸を参考にしたようです。
また、バングラデシュの独立時、一番最初に国家承認したのが日本というように、バングラデシュと日本はとても仲が良い。
bangradesyubig
 
 
 
僕も、最初はバングラデシュのことを何も知らなかったしイメージも全くなかった。
けど、ネットでバングラデシュのことを目にし、その情報によるとどうやらバングラデシュは「カオス」らしい。
 
カオス・・・
 
行きたい。。。
 
 
ミャンマーからの陸路入国はできないようなので、バンコクーバングラデシュの航空券を買ってしまいました。。。
 
 
期待通りに、この国に着いてまず思ったのは、
カオス!!!!
まさにカオス!!!
カオスとはこのことかと実感させられました。
 
まずは渋滞とクラックションの音!
OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA
写真では分かりませんが、クラックションの音が半端ない!!!
クラクションが聞こえない時間は2秒と無い。
 
バス、乗用車、リキシャ、CNG、バイク、全ての乗り物が遠慮なしにクラクション鳴らし、バス乗務員もバスの車体を叩きながら大声で叫び客引き、もう立っているだけで頭が痛くなってくる。
おまけに舗装されてない道路が多いため粉塵がすごく、
リアルに、初日に街歩いてるだけで、3時間もすれば喉が痛くなり、その日の夜は目が痛く、次の日は頭が痛くなった・・・
すぐ慣れたけど。
 
 
どうやらここは弱肉強食の世界のようで、より大きな物が、より大きな音を出した者が勝つらしい。。。
加えてむちゃくちゃな交通ルール。
車線なんてないし、信号はほぼ無い、あってもみんな無視。変わりに警察らしき人たちが誘導。車の様子を見ながら人は道を横断し、それに対して大クラクションを鳴らす車、車道と歩道関係無し。
小道でも大量のリキシャが混雑を招き、資材・食材なんかも大きな荷台付きのリキシャで運ぶため、どこいっても混雑してる。
 
OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA
 
OLYMPUS DIGITAL CAMERAちなみにCNGとはこんな感じの乗り物で、天然ガスを燃料とするようです。
バングラデシュはタクシーがほとんど無く、このCNGがタクシー代わり。
メーターもついてます。
 
OLYMPUS DIGITAL CAMERA この大量のリキシャが至る所で走り、渋滞を招いているといえる。
 
OLYMPUS DIGITAL CAMERAどっちが悪いのか知らんが、こうやって道を譲らないから渋滞になるのに。。。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAほとんどの乗用車にぶつかられてもいいように、こういった車体を守るバーが付いていた
 
OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERAバスの車体がボロボロなことに加えてフロントガラスもバキバキ。ほとんどのバスがこうでした。
 
OLYMPUS DIGITAL CAMERAまだ電車通ってるのにバーくぐって遠慮なく渡るし、
 
OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERAあとは街中がゴミだらけ。。。
ゴミの扱いが適当すぎる。綺麗にしようという概念がないのか。
実際、町中歩いていて、食べ終わったパンの包装袋とバナナの皮持ってたら、バングラデシュ人に、「そんなものそこらへんに捨てればいいよ」的なことを言われたし。
そんなことするからどんどん汚くなるんだよ!
 
OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA乗り物もそうだが、人の数も多い。
日本の約4割しかない土地に日本の人口以上の人がいるんだから、しかもそれが主都なんてものになったら密度が半端ない。
シンガポールやらバチカン市国などの都市=国という都市国家を除けば、世界一の人口密度をもつ国のようです。
 
 
そんな感じで終始カオスなバングラデシュでしたが、インドも似たような感じだとは思う。
ただ、インドと決定的に違うのは、人柄だと思います。(まだそんなにインドのこと知らんけど)
 
 
次回は、そんなバングラデシュ人について。
 
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ










2 件のコメント

  • コメントを残す